teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 足あと帳(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


思い出しながらテクテクと。

 投稿者:HIRA190  投稿日:2015年10月27日(火)08時17分27秒
返信・引用
  昼から雨の予報がはずれ暑いぐらいの中、大阪城・嵐山渡月橋間往復100kmを何とか無事に完歩することができました。大会の準備や我々のお世話をしてくださったスタッフの皆様有り難う御座います。又、復路の途中から一緒に歩いてくださったYさん、Yさんのおかげで道を間違わずに道中楽しくゴールに向かっていけました。この場を借りてお礼申し上げます。
今回の京都コースは、私が初めて100kmにチャレンジした時のコースでありとても楽しみにしていました。
それは7年前、知人の紹介があり「100km?そんなできるの?誰が?」と思って参加したのですが、集合場所に行くと700人以上の参加者がいてビックリ。そして、3割ぐらいの人が100km完歩すると聞いて又ビックリ。
スタートして、とにかくがむしゃらに歩いて嵐山には記憶が確かなら21時前に到着、痛みはありましたが少し休憩して再スタート。
最初は何とか頑張れたのですが、60kmあたりから足の裏の痛みがひどく次第にひざ、太ももの裏、腰と痛みが広がりはじめてきてからは、休んでは歩き、少し歩いては休むの繰り返し。
気持ちが滅入っていたのか、真夜中の枚方大橋が山に見え、今市の歩道橋の階段が壁に感じられたりして「なんで私はこんなに辛い思いまでして歩いているのだろ」と正直参加したことに後悔していました。
両足が関節から抜け落ちるような痛みでまったく進めなかった時もありましたが、後残り30分ぐらいだったか、やっとのことスタッフの拍手の中、感動のゴール(泣いていたかも)。
ゴールした瞬間、それまでの痛みが一瞬ですが消え、目の前の景色が輝いたのを良く覚えています。
この時、完歩できたことはすごく自信がつき、その後いろいろなウォーキング大会に参加したりマラソンに挑戦したりと行動範囲が広がりました。
それとマナーやルールの大切さや一人一人の行動がどれだけ責任があるのか強く考えるようになりました。
今回も足の痛みは当然ありましたが、毎回参加できたおかげか気持、体力ともに余裕があり自分自身でもずいぶん強くなったなと感じています。
枚方大橋は大きな橋だったですし、今市の歩道橋は普通に昇れましたしね。
最後に、私に良い機会を与えてくれ又、鍛えてくれた「24時間100km歩破チャレンジ」とそのスタッフの皆様に改めてお礼申し上げます。

来年も楽しみにしています。
 
 

ありがとうございました。

 投稿者:ま~くん  投稿日:2015年10月24日(土)22時50分3秒
返信・引用
  今回も無事完歩できました。まずはお世話いただいたスタッフの方々に心より御礼申し上げます。ありがとうございました。送り出してくれた家族にも感謝しています。今年は夜の渡月橋を渡ることもでき、楽しい100kウォーキングでした。今も完歩できた充実感で一杯です。来年も是非参加させてください。  

2年連続歩破!

 投稿者:ゼッケンNo79  投稿日:2015年10月24日(土)08時47分2秒
返信・引用
  52歳男
昨年に続き2回目の挑戦でした。前回はペースがつかめず折り返し地点で午後9時半を回っていました。70kmぐらいから足が痛くて、最後は引きずるようにゴールしました。
今年は歩くペースを考え、足に負担をかけない歩き方(立った姿勢で体を前に倒すと自然に足が前に出ることの繰り返し)で前半に貯金を作りたいと思っていました。これまで週末10~15kmのジョギングや30Kmのウォーキングで体力維持をしてきましたので50kmまでは大丈夫だと思っていました。
さて、2組目にスタートするとすぐに自分と歩くペースが全く一緒の方が隣を歩いておられました。私は一人での参加でしたので失礼だと思いながら声をかけて一緒に歩くことにしました。これから24時間、一人で寡黙に歩くよりも楽しいだろうと思いました。
その方と昨年の感想と休憩の取り方や栄養補給など話しながら、1時間5kmのペースで順調に歩けました。枚方大橋の20kmまで休憩なしで歩き、そこで大好きな缶ビール飲みました。昨年はアルコールを飲むなんて考えもしなかったほどしんどかったし疲れ果てていました。25kmで事務局の方にスポーツドリンクをいただき、少し歩くとまたすぐに今度は回転ずしで休憩、少し食べると後は嵐山渡月橋まで頑張ることにしました。休憩は20分程度でしたが、疲れが取れたような感覚になりました。
50kmの嵐山渡月橋に到着したのが夜の8時、スタートから10時間、1時間5kmのペースでした。豚汁をお代わりまでいただき、昨年とは全く違うほどリフレッシュしました。20分ほど休憩し出発し復路へ。途中すれ違う参加者へ声をかけながら10kmぐらいで休憩し、「後半はこまめに休憩しましょう」ということになり10Kmほどで休憩を取っていきました。どうしてもお酒が飲みたかったので日本酒を飲んでしまいました。実はこれが失敗で、80kmあたりから睡魔に襲われたのです。転倒したら大変だと思いながらもしばらくすると眠気も取れてきました。休憩のたびに足の指が痛くなり少し歩くと痛みも取れてくることの繰り返しでした。ふくらはぎ、太ももの痛みはほとんどなく、90kmからゴールまでは歩くスピードが上がっていることがわかりました。午前9時、23時間で大阪城へゴールしました。最初から最後まで一緒に歩いていただいた先輩の女性に本当に感謝しました。ペース配分、休憩のタイミング、話しながら歩くことで疲労も和らぎ、励まし合い、趣味も人生の経験もとにかく「凄い女性」に出会えたことは、100kmの達成感だけでなく、まだまだ頑張らなくてはと自分自身の至らなさを痛感できた素晴らしい体験でした。
 

レンタル掲示板
/1