teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. やな(0)
  2. 神戸流通科学大学杯遠征(0)
スレッド一覧(全2)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


6年全日リーグ

 投稿者:シバタ  投稿日:2017年 6月20日(火)22時19分4秒
  VS  フリーダム2nd  1ー0
VS  加賀田  0ー0

守備の軽率なプレーが多い。体を入れずにすぐに足を出してしまう。しかも、奪えていない。奪うためには体を入れにいきましょう。
サイドバックの狙いが曖昧なのと、FWの雑なプレーはなかなか改善されていません。サイドバックのポジショニングが悪く、ゴールを守り、相手を見れていません。FWも周りが見れた状態から前への突破は良いのだが見れていない前への突破は判断が悪い。
まだまだ、基礎的な事からですが、試合→練習→のサイクルを大事にしましょう。出来なれば、出来るように練習で意識しましょう。課題を意識して練習しなければ次も同じことの繰り返しです。
加賀田戦での距離感が良ければあれだけいいプレーが出来ます。テンポ良く動かせていたのはうまくFWで収まりサイドの選手が参加できたからですね。あのイメージは忘れずに。
いい部分と悪い部分がどちらも見れた2試合でした。

保護者の皆様、応援ありがとうございます。


 
 

6月17日 JY2 練習試合

 投稿者:  投稿日:2017年 6月20日(火)11時26分50秒
  RESC 1-2 2-0 1-0 2-2 2-0 0-0

・状況判断が悪い選手が多かった。
その理由としては、攻守において”観る”ことが少ないから。

攻撃では、ボールを受ける前に慌てて周りを見ても近くの情報しかはいってこない。
受ける前から全体を観ていれば、選択肢が多くなりボールの置き所やボールを動かすテンポがもっと良くなる。
もちろん優先順位はぶれない!!!

守備では、ポジショニングがわるいと失点に繋がってしまう。
チームでボールを奪いに行ってるときに一人でもポジショニングが悪ければボールは奪えない。
局面では負けない!!!!

気温の高い日がこれから続きます。水分補給はこまめに!!
食事などもしっかりと摂り、体調管理を徹底しよう!!!
 

6/18 Jr4 4種リーグU-10

 投稿者:ぢゅんぢ  投稿日:2017年 6月19日(月)16時36分10秒
  長野 0-4 ボヘミア
長野 1-2 Pazduro
TM
長野 0-4 ボヘミア
長野 1-1 Pazduro


もっと前向きの守備を意識しましょう。守る事ではなく奪うことです。ゴールを守ろうとするからDFラインが下がってしまいミドルシュートを打たれることが理解できていません。4試合でペナルティーエリア外から4試合で何本決められましたか?
奪いに行けば自ずと相手のシュートチャンスは減ります。粘り強く奪いに行くことを習慣化しましょう。
もっと走力とプレー強度を上げる必要があります。相手を上回る事を意識してください。

保護者の皆様、応援有難うございました。
 

6/17 Jr6五條牧野小学校

 投稿者:ぢゅんぢ  投稿日:2017年 6月19日(月)16時22分56秒
  長野 0-0 藤井寺
長野 3-1 五條
長野 7-0 すみだ
長野 0-0 梅美台

バイタルエリアへテンポを上げて侵入からフィニッシュをテーマに4試合行いました。
1~3試合はテーマを意識したパス&ムーブからの得点があり、ミスもTRYを感じるものでGOOD。
但し、チームの約束事や戦い方を無視した自分のしたいプレーを優先させる場面もあり、未熟さも感じました。
チームとしての戦術や戦略を意識して練習&試合で積み上げて行きましょう。まだまだ、未熟で非力な場面も見受けられますが、厳しい夏を全員で乗り越えて逞しい集団を目指してください。

保護者の皆様、応援有難うございました。
 

3年交流試合

 投稿者:松井  投稿日:2017年 6月18日(日)18時24分57秒
  VS FFCセレゾン 4-0,4-1,7-0,4-0

久しぶりに見た試合としては、正直物足りませんでした。
やってきたことにブレが見られ、キーワードの想起に時間が掛かりました。

前向きの選手、背中をとるパスなど、もっともっと質は上がるはず!

改めて整理していきましょう!

また、プレー以外の面でも、話を聞く姿勢など、集団行動の伸びしろも残ったままだという印象です。
ちゃんとしてる選手は、喋っている選手が黙るまでの時間を無駄にしてしまいます。
黙々と早く着替えなどの準備を終えた選手は、ゆっくり喋りながら準備している選手の完了を待っています。
正しい行いをした選手が、損をするのはおかしいですよね?
10人を5分待たせるということは、チームから5分??10人=50分奪うことになります。
全員が正しい行動をすれば、チームが得をします!
一人称の自分がすべての世界観から、集団の世界へ目を向けましょう。
チームは、「私」ではなく、「私たち」です。
そのことをもっと考えていきましょう!

保護者の方々、応援ありがとうございました!
 

5年交流試合

 投稿者:松井  投稿日:2017年 6月18日(日)18時12分37秒
  VS奈良YMCA 2-3,3-2
VSマドリディズモ 0-0,2-0

求めたのは守備の強度とビルドアップ。
奪う位置を高くすることと、仕掛ける位置を高くすること!
後ろをスライドさせてワイドを前に出す、2人目が予測してインターセプトする!
相手のプレスから逃げるのではなく、ボールを動かしてプレスを外す!
4種リーグで相手のレベルが上がったことで気付けた、実は出来ていなかったことへの取り組み!

大失態からの失点はいただけませんが、チャレンジする姿勢は良し!
ボランチを落とす?落とさない?
前に置く?中に置く?
中に刺す?外につける?やり直す?

相手のプレスが強くなると、後ろからのボールの質が低くなり、攻撃の質が上げにくくなってしまっている点に向かい合い、改善への取り組みでしたが、成功場面は増えた反面、致命的なミスも散見され、もっともっと理解していく必要があるかと思います!

みんなが想定しないといけないのは、大阪中央大会のレベル。
日頃の練習から守備の強度を保ち、高いレベルを想定していきましょう!

保護者の方々、暑い中応援ありがとうございました!
 

4年生 市民大会

 投稿者:園田  投稿日:2017年 6月17日(土)19時18分34秒
  FC
vsLSA ●
vs楠 ●
vs加賀田 ○
UTD
vs小山田 ○
vs加賀田 ○
vsLSA ●
vs千早 ○
準優勝

夏の厳しさがチラホラ顔を出し始めた中での大会でした。
頭の中がトロけてしまい、やってはいけないミスからの失点がほとんどです。
自分がレベルアップするには出来なかったプラスのプレーが増え、安易なマイナスのプレーが無くなることです。
具体的なプレーを説明して求めてた選手もいる中でマイナスのプレーが根絶しないのはかなり残念です。
しかしプラスのプレーが増えているのは収穫です。
さらに高いレベルでサッカーを楽しむために、より考動の伴った質の高い練習をしましょう??

保護者のみなさん、本日も暑い中たくさんのサポートありがとうございました??
 

U13FL第2節

 投稿者:azu  投稿日:2017年 6月15日(木)18時30分32秒
  長野FC1st1-2KONKO
緩い入り方をしてしまい開始から自陣でプレーする時間が長くなかなかペースを握れませんでした。
相手のコンパクトな守備を崩すことが出来ずセカンドボールを拾うこともできずまずい展開から失点。
前半ラストに同点に追いつきましたが後半流れは変わることなく追加点を許してしまいました。
コンパクトな守備に屈し相手から逃げていては勝つことが出来ません。
怪我人も増え、チームの状況は良いとは言えませんがリスタートです。
全員が初心び返り、目標設定を読み返してください。
勝つために必要なこと、やるべきことは分かっているはずです。
 

6年南紀招待大会/第1回大塔ダイハツカップ

 投稿者:シバタ  投稿日:2017年 6月15日(木)08時44分10秒
  VS  那智勝浦  4ー0
VS  アスロン  0ー0
VS  南紀  1ー3

守備の準備が出来ていない。だからインターセプトへ行けない。奪えない。攻められる。相手ボールを常に奪うために構える事が少ない。インターセプトが狙えるようになってからは、何回か攻撃できていた。負けた試合も開始早々にチャンスが数回あった。その時も奪う構えが出来ていたからではないかな!?
失点してからのメンタルが弱すぎる。失点=負け、ではない。逆転出来るぐらいのメンタルを持ちましょう。

南紀の関係者の皆様、招待頂き有難う御座います。
保護者の皆様、応援有難う御座います。
 

6/11 Jr1女学院TM

 投稿者:ぢゅんぢ  投稿日:2017年 6月13日(火)12時52分55秒
  vs 紀見北

球際の部分で負けてしまうと押し込まれ、一気にゴール前まで運ばれてしまいます。
密集をうまく抜けだしても、ゴールできなかったのは相手が球際を厳しく来てくれたからです。
その時に同じプレーでボールを取られるのか、考えて工夫するのかが、成長できるポイントです。
走力やプレー強度もまだまだ足りません。継続して取り組み習慣化しましょう。


保護者の皆様、多くの声援ありがとうございました。
 

6/11 Jr3女学院TM

 投稿者:ぢゅんぢ  投稿日:2017年 6月13日(火)12時04分32秒
  vs 奈良YMCA
vs アトレチコ大阪

攻守において優先順位、狙いの共有を意識しましょう。
走力・プレー強度で相手を上回れれば、優位に立てます。
パワー配分も考えてください。
ドリブルにパワー使いすぎてシュートを打つ時にガス欠では意味がありません。

相手がこちらの狙いを予測してきた際の”・・・と見せかけて”の遊び心も大事なプレー。
サッカーをプレイし始めたこの時期に非常に重要な発想だと思います。
3対1、4対2などのトレーニングで養っていきましょう。

久しぶりにTMに参加して、体格も大きくなり、精神的にも技術的にも成長を感じました。
TMは成長できるチャンスがいっぱいです。各自、意識高く、意欲的に取り組んでください。
決して、こなすだけのTMにならないように!!

保護者の皆様、応援有難うございました。久しぶりに楽しかったです。
 

6月3日4日 練習試合

 投稿者:  投稿日:2017年 6月 7日(水)10時45分27秒
  3日KONKO FC / 4日アイアリス住吉

ボールを保持しようとすることは悪くないことだけど、ゴールを常に目指しながら!!
優先順位がブレてしまうと相手にはめられてボールを失ったり、怖くない攻撃になってしまう。
もっと相手を観てプレーしよう!!!

ファーストタッチの置き所やダイレクトパスをこだわれていない選手が多く、
日頃のトレーニングから試合を意識できていないから試合で技術を発揮できない。

ほとんどの選手が一段とボールを扱えるようになってきていますが、
その分ボールを持ちすぎてタイミングが遅れたり、判断が遅くなりボールを失う回数が多くなっています。
状況判断してプレーを決断しよう!!!

 

6/4 Jr3年生交流試合

 投稿者:吉永  投稿日:2017年 6月 6日(火)12時55分26秒
  VS石切東 4-1,2-0,2-0,3-2

右サイドからボランチ経由の左サイドでシュートからのゴールはgood??
ですが、相手のボールを奪ってからの攻撃の時に周りのフォローがなく、雑なパスが目立ちました。
各ポジションの役割、ボールを持ってない時の動きをこれからの課題として練習に取り組んでいきましょう。
保護者の皆様、応援ありがとうございました。
 

U13FL第1節

 投稿者:azu  投稿日:2017年 6月 4日(日)20時02分23秒
  長野FC2nd0-6大宮FC
ゲームの入り方は非常に良く点差ほどの差は感じていません。
序盤のチャンスで決めきれていれば違う展開になっていたでしょう。
しかし、失点後はセカンドボールを拾うことができず一番、守るべき背後を簡単に取らせてしまいました。
一度はじいた後もボールの状況を考え頭を休めることなく良いポジションを取り続ける必要があります。
また相手のペースになりだしてからはボールの移動中のプレスも遅くなり局面で負けすぎました。
しかし長野ペースの時はボールを動かしながら相手ゴールへ迫るチャンスもありました。
やってきたことが少し見えましたが最後の部分でもっと拘り相手を上回らないと勝てないということです。
中途半端な拘りでは守り切ることもゴールを奪いきることも出来ません。
勝つためには今以上の本気の取り組みが必要です。
後悔する前に切り替えて頑張りましょう。

長野FC1st3-2八尾大正
攻撃の優先順位がぶれることなく非常に面白い試合でした。
全体的に見れば決定機を決めた前半と決定機を決めれなかった後半。
相手ペースの後半は非常に苦しい時間帯もありましたがなんとか勝つことが出来ました。
話し合った改善すべき点、隙を作らないことは次からの試合に繋げましょう。
また守備面での局面はもっと責任を持って戦いましょう。
随所に自分の特徴を出せていてよい内容でした。次の試合への準備はもう始まっています。
拘りをもって1週間過ごしましょう。
 

Jr6年 全日リーグ

 投稿者:衛藤  投稿日:2017年 6月 4日(日)17時43分30秒
  6/4 ▲0-0マドリディズモ
     ◯5-0FC大阪

1試合目は、可もなく不可もなく、ただ引き分けただけです。
質を上げる、局面で上回りにいく、攻守の切り替えをもっとはやく、レベルアップする必要があることに気づきましたか?
2試合目は、シュートの意識が高く、結果にもつながりました。
ただ、準備、ポジションどり、ファーストタッチの質で逃した機会は、まだまだ多くあります。
試合の課題を練習につなげる取り組みを期待します。

対戦いただいたチーム、運営に協力いただいたチームの皆様ありがとうございました。
 

河内長野市市民大会

 投稿者:片岡  投稿日:2017年 5月30日(火)22時20分1秒
  5年生  2週に渡り河内長野市市民大会に参加しました。
5月20日(土曜日)  6年生市民大会
  長野 2-0楠
          2-0加賀田sc
          5-0千早サニーズ
決勝
          3-0LSA

5月27日(土曜日) 5年生市民大会
      長野fc  4-0楠jsc
                  3-0千早サニーズ
                  2-0加賀田sc
    決勝
                 4-0FORZA

     2週に渡り、チーム目的、個人の目的を持って試合に挑みました。目的を出来るか出来ないかは、自身のやる気次第です今後も継続して目的を持って練習、試合に挑みましょう。
応援に来て頂きました、保護者の方々お疲れ様でした、ありがとうございました。
選手の皆さん、優勝おめでとうございました?
    
 

U13 TM 

 投稿者:azu  投稿日:2017年 5月30日(火)15時17分33秒
  25m_5 トータルスコア
長野FC4-4東大阪朝鮮中学
25m_6 トータルスコア
長野FC5-10サルパFC
公式戦前にプレスの速い相手にリアルなゲームが出来ました。
保持しながらの攻撃にチャレンジしましたが優先順位のぶれた動かし方では意味がありません。
もっと全体を観ながら相手がどういう状況かを考える必要があります。
また隙を作らず隙を見逃さない。これも良い勉強となりました。
公式戦ではやり直しがききません。後悔のないように良い準備をして全力でやり切りましょう。
 

5/27.28 Jr1 長野小&女学院TM 

 投稿者:ぢゅんぢ  投稿日:2017年 5月29日(月)15時48分37秒
  5/27 vs 小山田
5/28 vs リップエース


”取られたら取り返す””広い方に運ぶ”をテーマに2日間行いました。
テーマに対する反応も少し早くなりだしました。GOOD!!
オフザピッチの部分で試合に出場するチャンスを逃している選手が見受けられます。
非常に残念な事です。

遅くなっていたユニフォームも揃い、スポーツ選手として、長野FCの選手として注目されます。
これから暑くなってきますが、楽しく、厳しく、頑張ろう!!

保護者の皆様、多くの応援有難うございました。
 

3年交流試合

 投稿者:吉永  投稿日:2017年 5月28日(日)19時44分23秒
  VS紀見北 6-0,9-0
VS桃ノ木台 1-1,3-1

テーマ①インターセプト②前向きの選手をつかう③サイドチェンジを行う
残念ながら、テーマに関しては殆ど実行できてなかったです。個人技での攻撃にて得点に繫がり
勝因に繫がったが、ポジショニングが悪く攻撃参加が出来てない及び相手の選手のマークがつけ
てない。個人技の技術は著名に上がっている選手もいますが、努力不足の選手もいます。もっと
練習をして、ゲームの作り方を学んでいきましょう。また、家でもイメージプレイを心掛けて次
回の試合でテーマに対して発揮できる様にしましょう。
炎天下の中、保護者の皆さま応援ありがとうございました。
 

4年交流試合

 投稿者:吉永  投稿日:2017年 5月28日(日)18時42分39秒
  VS楠 5-2,0-7,1-3
テーマ①相手の攻撃を限定させて奪う②縦パスを入れる
上記、テーマに対して実行は出来てましたか?ボールを追う事に必死になってテーマに対しては
実行出来ていなかったと思います。また、自分のミスを人のせいにしてる選手が何人かいました。
ミスも成功もチームで行ってる全員の事です。サッカーはチームプレイです。もっと練習をして
意思疎通ができチーム団結できる良い選手にみんななってもらいたいです。
炎天下の中、保護者の皆さま応援ありがとうございました。
 

U13 TM

 投稿者:azu  投稿日:2017年 5月28日(日)11時48分12秒
  25_10 トータルスコア
長野20ー2ヴェルヴェント京都
FL開幕戦を来週に控え始めて1st.2ndに分かれての試合となりました。
最初は4-3-3のポジションにマークの受け渡しが上手くいかず混乱もありましたが
徐々に前プレからインターセプトも決まりだしゴールに繋げる事が出来ました。
しかし連動性のない守備で完全に支配されている時間帯も多かった。
良かった部分は局面での粘り強さがついてきた事。
2ndはワンタッチプレーも含めた崩しの中からゴールを多く奪えていた事。
来週に向けて良い準備をしましょう!

 

U15日本クラブユース関西大会1次ラウンド

 投稿者:細川  投稿日:2017年 5月28日(日)08時21分3秒
  U15日本クラブユース関西大会
1次ラウンド
長野FC 0-1 伊丹FC

保護者の皆さま、長野FC関係者の皆さま、沢山の応援サポートありがとうございました。
対戦頂きました伊丹FCさんありがとうございました。
残念ながら、一瞬で関西大会が終了しました。申し訳ありません。
大阪予選終了後から、テスト期間によりぶっつけ本番に近い形でしたが、選手達は最後までよく頑張りました。
しかし、惜しいゲームではあったが、足りない部分がはっきり見えたゲームでもあり、悔しいが力負けである。
各府県を突破してきた相手チームに対し、守備の狙いや粘りは当然であり、その先の攻撃に繋がる部分や、判断スピード、観る止める蹴る運ぶのテクニックが不足していてはトップトップのレベルでは通用しない。長野FCは守備一辺倒のサッカーはしない。攻守一体のサッカーをする為の心技体頭の部分のベースを上げる事が必要。
課題があるということは、成長出来るということ。悔しい悔しい敗戦から学ぶ事はとてつもなく大きい。
今までの先輩達も関西でしか気付かされない『足りない部分』を学び、サッカーの本質を追求しレベルアップし高いステージまでいきました。このチームがどこまで成長するか今から期待しています。再開されるアドバンスリーグ、秋の高円宮杯に向け、感謝を忘れず突き進んでいこう。
 

3年交流試合

 投稿者:松井  投稿日:2017年 5月27日(土)18時36分42秒
  VS楠 4-0,0-0,8-1

継続してきたテーマの中で、中央をギッシリ守る相手に対して、中央の窮屈さに気づき、外を攻めるという答えに辿り着き、たくさんのゴールが生まれました。
広げるためのコントロール、パスの質、相手を外した後のドリブル、失わないためのターン!
トレーニングで養うスキルを試合で発揮する!正しく発揮するための判断!判断するための視野の確保=顔を上げる、体の向き!

ドリブルだけでは点は取れません。
ドリブルなしでも点は取れません。
広い方にコントロール、広い方にパス。
と、見せかけての中央への仕掛け。
サッカーの駆け引きを楽しんでいきましょう(^_-)

先週、各自に現在の習熟度別にリフティングの目標を伝えました。
早速、もう出来た!という選手がいました。
もともと、一番習熟度の高い選手でした。
リフティングを始め、スキルは練習でしか手に入りません。
継続、継続!

ご招待いただきました楠さん、ありがとうございました。
保護者の方々、応援ありがとうございました!
 

Jr6年全日リーグ

 投稿者:衛藤  投稿日:2017年 5月27日(土)18時03分44秒
編集済
  5/27堺NTC
1節▲1ー1小金台
2節◯2ー0古市南
TM3ー0girasol

ライフカップの敗退からのリアクションとしては、いい試合でした。
勝敗よりも、個とチームとしてのサッカーの成長を積み上げいくモチベーションが感じられました。
ボールの動かし方やポジショニング、距離感に意図を感じるプレーが増えてきました。
失点シーンは、サイドハーフがインサイドで失なった攻撃と、1対1で簡単に外された守備が課題です。みんな理解できていたので改善しましょう。
プレーの質、ポジショニング、準備、判断、切り替え、粘り、アイデア、闘う気持ち…
全てを成長させていきましょう。

チャレンジしない言い訳をする前に、いかにチャレンジするか考えましょう。
失敗しないプレーは、成長のマイナスです。
失敗したら、必死に取り返すために走るだけです。
覚悟がないからかな?
課題を持って練習を積み上げて下さい。

対戦していただいたチームのみなさん、ありがとうございました。

 

U12 ライフカップ南河内予選

 投稿者:シバタ  投稿日:2017年 5月24日(水)07時44分33秒
  VS  河南  1ー2   アイト

試合前に確認した狙いがうまくはまりサイドから得点出来ました。試合の中でいい流れの時は、サイドを起点にして攻撃が出来ていましたが、悪い時間帯では本来の狙いが曖昧になっていました。もっと冷静に、自分達のサッカーは?を理解しないといけない。後半でも走れなくなり、強引にしか攻めれず、攻守一体とはかけ離れてしまっていた。自分達のサッカーを最後までやりきる気持ちがなかった。
失点数が多いのは守備が弱い。インターセプト、前を向かせない、プレスバック、奪いきる、カバー、守備はミスが命取り。逆に失点がなくなるとチームは負けない。毎試合失点しているようでは勝てない。
最後まで何がなんでも自分達のサッカーをやりとげる気持ちを持つことが大事です。逆転されたら試合終了ですか?
普段の行動、練習の結果ですよ。これぐらいでいいだろう、練習の勝負で負けて終わっていませんか?勝つまでやるなんて気持ちはありましたか?

保護者の皆様、長野FCの関係者の皆様、たくさんの応援ありがとうございました。全日リーグも休みなく始まります。
引き続き応援よろしくお願いします。
 

4年生 交流試合

 投稿者:園田  投稿日:2017年 5月21日(日)22時43分35秒
  ー小山田SC

守備も積極的なプレーができるチームを目指して今日も取り組みました。
ファーストディフェンスが強度を持ち、後ろはいいポジショニングを取り狙う。コート内ではチームとして穴を空けないように声をかけ合うことがかなり多くなりました。
そういう意味では3試合を通して無失点というのは良い結果でした。
しかしボールを扱うのに必死になり過ぎて顔が上がらず、せっかく奪ったボールも判断の無いプレーで失うことが多かったです。
日頃取り組んでいる練習から視界をボールに支配されないで扱えるよう意思を持ってやりましょう。

さて、最近よく話していますが強いチームには強いチームの行動が伴います。
せっかく21人ものたくさんの素敵な個性がある中でチームスポーツをやっているんですからそれが足の引っ張り合いにならないよう、逆に切磋琢磨し高め合い、誰もが応援したくなるチームを目指しましょう。

保護者のみなさん、本日も暑い中たくさんの応援ありがとうございました。
 

3年交流試合

 投稿者:松井  投稿日:2017年 5月21日(日)20時58分47秒
  VS紀美北 11-0, 17-0
紅白戦
VSコーチ+高学年 1-2
VS長野FC2年(6人対9人) 10-1

先週からのテーマを継続、新しいキーワードで深めていきました。
たくさんのゴールを奪うことが出来ました(*´ω`*)
反面、ムチャな仕掛けで失うことも多く、判断が伴わないプレーは失敗に終わることが多いということが2年生との試合では失点という形で露呈し、気付くことが出来ました。
自分がやりたいプレーを力押しするのではなく、チームという枠組みの中で、自分の特長を出す!ドリブルがしたいから、後ろ向きでも無理やり前向こうとして取られる=チームの損。一度前向きの選手に預けて、体の向きをとり、改めて前向きで仕掛ける!自分が決めたいから角度がなくてもとりあえずシュートして止められる=チームの損。中の選手を使った駆け引きで得点の確率を上げる!
サッカーはチーム対チームのスポーツ。チームの約束事や方針があって、その中で自分の特長を発揮する。やりたいプレーの連続は、気が付けばチームの土台からはみ出している。もっと賢く、強かに!

保護者の方々、暑い中応援ありがとうございました!
 

Jr5年TM

 投稿者:衛藤  投稿日:2017年 5月21日(日)20時01分49秒
  VS小山田JSC
0-1、3-1、1-3
球際のプレッシャーが早く、縦の攻撃が早い相手に、どんなサッカーを目指すのでしょうか。
意図を持ってボールを動かすのが、目指すべきサッカーです。
準備、判断、技術を磨きましょう。
攻防一体が長野のサッカーです。
なぜ、攻撃のあと(ボールを失ったあと)の早い攻撃に苦しむのか?
切り替えの準備がない、判断がないサッカーをしているからです。
目指すサッカーによって、身につくレベルが変わります。
高いモチベーションで、高いレベルを目指した練習、試合を積み上げて下さい。
 

U12 ライフカップ南河内予選

 投稿者:シバタ  投稿日:2017年 5月18日(木)19時40分56秒
  VS  常盤          0ー2
VS  リバース  5ー1  カンナ×3、イッキ、ソウタ

公式戦がついに始まりました。
初戦、出だしから、積極的に狙いにいこうとしたが、先手をとることが出来なかった。自分達のポジションのバランスが悪く、窮屈に守備をしてしまっていた。しかし、何度かシュートまで行けていたことはgood。フィニッシュが良くなく無得点。
2戦目は、負け=予選敗退の中試合に挑みました。攻撃の起点の確認、相手ボールを誰が奪いに行くのかを確認し試合に挑みました。この試合の出だしもまだ良くない。もっと積極的に奪いに行って欲しい。70%で奪いに行けるほど甘くない。先制点は相手のクリアミスをダイレクトに合わせて、先制。しかし、守備のコミュニケーション不足から同点を許してしまう。それ以降はサイドから起点を作ることが出来、追加点。サイドからの得点シーンが多かった。練習の成果ですね。サイドバックのオーバーラップもgoodでした。
しかし、試合終盤で前日の課題であった、サイドハーフが下がってしまい、奪っても攻撃にうつれない所がありました。
自分達のバランスが良いときはいいプレーが出来るものです。

20日よりトーナメントが始まります。
誰よりも戦い、走り、楽しんで、自分達のサッカーをしましょう。

保護者の皆様たくさんの応援ありがとうございました。
20日も引き続きお願いします。
 

3年交流試合

 投稿者:松井  投稿日:2017年 5月15日(月)08時11分33秒
  VS加賀田 9-0,9-0,11-1,6-0

テーマを絞り、試合内容から出てきたキーワードを足していき、整理することで理解を深めていきました。
いつ、顔を上げて、何を、見るのか。
インターセプトの成功のためには、誰が、最初の守備=ボールに入り、誰が、どこから、どこを、狙うのか。
相手ゴール前で、1番最初に、どこを、見るのか。

テーマがズレないように、派生した言葉を繋ぎ合わせていき、一週間前の大会から一歩前にコマを進めました!
こだわりを持つ、というのは大切なことです。
チームのテーマを理解、共有して掘り下げていきましょう。
ボードに貼り付けたメモの内容が今週より来週、賑わうようにしていきましょう(^_-)

また、試合予定についても全員が頭に入れて動けていました。
自分の予定を自分で自分で管理するというのは当然のことであり、決して大きな進歩ではないですが、出来ることを増やしていくことは大切です。また解決スピードが一週間というのもgoodなポイントです。同じことを何回も言われるのではなく、すぐに解決しようとすること!明日やろうは馬鹿やろう。課題には直ぐにでも取り組む!

とはいえ、話を聞く姿勢、荷物の管理など、まだまだピッチ外の課題はあります。
まだ3年だから出来ない、ではなく、
まだ3年なのに出来る!を目指していきましょう(^_-)

保護者の方々、応援ありがとうございました。
 

2年生交流試合

 投稿者:新谷晃二  投稿日:2017年 5月13日(土)12時35分47秒
  5月3日 VS FFCセレゾン
5月7日 VS 和泉FC

女学院グランドにて、ゴールデンウィークのサッカーを終えました。
4/30のくやしい大会を終えて次にどう進むかをひとりひとり観ていましたが、答えは?です。
いつも試合や練習は頑張っている、でもそれはあたりまえ!!
じゃあ、もっと強くなるには、うまくなるには何かしないとダメなはず。
もちろんコーチの言ったことだけをやるだけでもダメです。
どうやったら相手からボールを奪う?
どうやったら相手にぶつからない?
どうやったらシュートをうてる?
それを次に進めるために考え行動しましょう。
一人一人が伸びるチャンスです。暑さに負けないで成長していこう!!

保護者の皆様いつもありがとうございます。
特に5/4BBQはおなかいっぱいで帰ってからは一切動いてません。
選手たちと成長していきますので今後ともよろしくお願いします。

P.S:コーチの体の成長ではありません。心と指導です
 

GW

 投稿者:片岡  投稿日:2017年 5月 9日(火)18時13分5秒
  5月3日 交流試合
5月4日 ノガーナNカップ 優勝
5月6日 交流試合
5月7日 交流試合

GWは、お疲れ様でした。 1日4試合 4日間計16試合を14名でこなせました。
1試合毎に、これからの課題が出てきましたね、課題+行動をこれからも継続して練習に取り組みましょう。
4日間の中で、良いチャレンジをしていた選手達、もっともっとチャレンジをしてレベルアップ
しましょう。
保護者の皆様、本当にお疲れ様でした。また、選手達のチャレンジしている姿を一緒に応援しましょう。  
 

5/3.5/7 Jr1 女学院TM

 投稿者:ぢゅんぢ  投稿日:2017年 5月 9日(火)10時10分59秒
  5/3 vs FFCセレゾン
5/7 vs 和泉

新入学から1か月、新しい環境に慣れてきた頃でしょうか。
サッカーも新しい仲間が出来、顔を合わせる度に仲良くなって行くのがわかります。
自立したサッカー選手を目指し、いろんなことにどんどんチャレンジしていきましょう。

試合では、ボールに触れる選手がまだまだ限られています。
周りに気後れせず、遠慮せず、トライする事、し続ける事が大切です。

保護者の皆様、多くの声援ありがとうございました。これから、暑くなりますが体調管理など
宜しくお願い致します。
 

6年池尻カップ、ノガーナNカップ

 投稿者:シバタ  投稿日:2017年 5月 8日(月)12時27分3秒
  池尻カップ
VS  阿倍野  3ー1
VS  マドリディズモ  3ー1
VS  池尻  4ー1
4チーム中、優勝


ノガーナNカップ
VS  FFCセレゾン  2ー1
VS  奈良クラブ  1ー3
VS  マドリディズモ  0ー0
VS  紀見北  0ー2
5チーム、3位


3日練習試合
4日池尻カップ
5日ノガーナNカップ
6日練習

サッカー付けにさせて頂いた1週間でした。
練習、試合、大会、芝生での大会、等々、いろんな要素がつまった経験が出来ました。
試合の内容ですが、何回も同じような課題です。課題への取り組みがまだまだという事でです。試合ー練習ー試合のサイクルを大事にする事。練習の意味を理解し、試合に挑む。
練習を理解していないのに試合しても同じ課題になります。
後、チーム一丸での取り組みが出来ていますかね。
チーム持ちの備品、忘れ物、休み、試合の雰囲気、自分勝手な行動が多い。サッカーとはチームスポーツ。14人揃って全員が乗り越えていけないといけません。来週は公式戦のライフカップが始まります。全員がいつ、どこで、どこと試合するか、把握していますか?それが理解できず、どう行動できるのでしょうか?1週間前ですよ。正直、チームとしてはまだまだ未熟すぎます。大会を通して理解して成長するしかありません。もう一度自分の行動はどうだったのか振り返りましょう。すべては、チームの勝ちのために。
チャンスは転がっています。そして、ライバルはいつでも狙っていますよ。
保護者の皆様、暑い中応援ありがとうございました。
全員が常に参加してサッカー出来るように、サポートならびに応援お願いします。


 

3年ノガーナNカップ

 投稿者:松井  投稿日:2017年 5月 7日(日)17時57分5秒
  VS池尻 14-0
VS RIPACE 1-1
VS長尾W 3-0
予選1位通過
VSエベイユ 6-0
VSノガーナ 4-1
★☆優勝☆★

守備テーマ:インターセプト
攻撃テーマ:ドリブルとパスの判断(顔をあげる)
追加テーマ:背中をとる

全員で走り、全員で闘い、全員で掴んだ優勝☆★

1日を通して、また昨日のトレーニングも含めて、同じことを徹底しました。
何事もそうですが、繰り返し、重ねたものが成果になります。
テーマを絞り、焦点を当て続け、目標達成=優勝を目指しました!
まだまだ3年生。足りないもの、出来ないことはたくさんありますが、他所見せず、テーマにこだわることが上達への第一歩!
欲を言えば、ボールスキルもまだまだ足りないし、「サッカー」をするにはまだまだやらなければならないことはたくさんありますが、焦らず、これからも一歩一歩重ねていきましょう。

MVPには、ソラを選びました。
他にも、頑張っていた選手はたくさんいます。
ソウタとリクトは全試合で安定した守備を見せ、失点を最小限に抑えました。
ヒロトもボール付近に積極的に顔を出し、よく奪い、運び、ゴールに絡みました。
ハルキも前線でよくボールに触り、得点も重ねました。
リュウトも失う回数は多くても、その後、すぐに奪い返す切り替えの速さはgood!
キョウヤもGKで良いセービングを魅せていました。

全員がよく頑張ったからこそ、今日の優勝があります!
その中で、最終的にソラを選んだのは、試合のパフォーマンスはもちろん、昨日の解散時、コーチが伝えたように、試合のスケジュールを頭に入れていたことも大きなポイントでした。
集合時間、試合時間、対戦相手など、自分がやるサッカーの詳細を自分たちが知らないのは不自然です。
全体予定がわかれば、いつ、何をすべきか考えることができます。
予定を知らなければ、人に言ってもらわないと、次の行動がわかりません。
自分のことは自分でやる!

保護者の方々、応援ありがとうございました!
 

U-13GW

 投稿者:azu  投稿日:2017年 5月 4日(木)18時18分43秒
  4/29 VS宇治FC
20M_9トータルスコア21-2
5/3 VSユニオネ柏原
20M_9トータルスコア14-0
   VS H&AFC
20M_2トータルスコア7-2
5/4 VS H&AFC
20M_3トータルスコア0-6
   VS RIPACE
20M_3トータルスコア0-2
クレーコートでの戦い方を理解できてきました。
またミーティングすることで共有し改善できていることはverygood!
ただ試合が続くことで緩い部分も見えだしてきました。
試合に出場できることは当たり前なことではありません。
頑張れない、無責任なプレーをしていては勝てません。
そしてそんな試合はプレーしていても楽しいはずがありません。
与えられた時間を大切に全力を出し切る。
自分たちの目標設定が低ければそれなりの結果しか得ることができません。
高い目標を設定しチャレンジ&エラーを繰り返し苦しい時にこそ頑張る!
どちらが強くなれるか分かるよね?常に120%!これをチームの当たり前しましょう。
 

U12ダイドードリンコカップ

 投稿者:シバタ  投稿日:2017年 5月 1日(月)19時04分3秒
  VS 葛城新庄  1ー0
VS 喜連東  1ー1
VS 御所  2ー1

数的優位をうまく使えない。サイドバックの関わりが少ない。ボールの失う回数。オフの選手の関わり。
ボールを持った選手が見えた気になっているだけ。奪われる原因は味方を見ることはもちろんの事、相手まで見て、プレー出来ているかどうか。運ぶという判断があったかどうか。パスだけになっていないか。

最後の忘れ物は酷すぎです。誰もが無関心過ぎます。
チームの物は自分の物。
忘れ物するチームが強いわけありません。
再度自分を見つめ直しましょう。

保護者の皆様、応援ありがとうございました。
 

4/29(祝)Jr3長小TM

 投稿者:ぢゅんぢ  投稿日:2017年 5月 1日(月)12時28分59秒
  vs ガンバ堺

ポジションの意識と攻守の切り替えをテーマに4試合行いました。
多くの得点は生まれましたが、テーマに対してはどうだったか?
走力と球際の攻防とボールスキルを2年間培ってきました。
そこが欠如して新しい事にチャレンジしても意味がありません。積み上げが大切です。
これから、本格的にサッカーをPLAYすることになります。
感覚を研ぎ澄まし、脳みそフル回転で貪欲に吸収していこう!!

保護者の皆様、多くの応援有難うございました。
 

Jr4年TM

 投稿者:吉永  投稿日:2017年 5月 1日(月)11時18分37秒
  VSスポーツネット4年
ボールが繋がらず、最終的に個人プレーでの攻撃にたより相手にボールを奪われ失点に繋がる場面が多く観られました。
試合前のアップは何の為のアップですか?
残念ながら試合を想定した動きが出来てません。
また、チームメイトが試合中にも関わらず、サブメンバーの方々は集中して試合を観る事が出来ない場面が多くみられました。
チームメイトの試合を観ながら修正点、相手の特徴、自分がピッチでプレーしているとしたイメージプレーなど、次回の試合の時は心掛けてすれば、もっとサッカーを楽しむ事ができ、勝負に勝てるチーム力が着くと思います。
保護者の方々、炎天下の中、応援有難うございました。
スポーツネットの皆さん、有難うございました。
 

5年南河内大会決勝T

 投稿者:松井  投稿日:2017年 5月 1日(月)09時00分13秒
  VS大阪狭山 4-0
VS V松原 4-1
VS河南 0-1

準優勝

決勝は優劣を見れば、間違いなく優勢、しかし、一回のミスで失点し、準優勝。

どこに原因を捉えるか。
準決勝でのキャプテンの負傷?
不可解な判定?

外に理由を求めては、悔しさは次への力に変わりません。

また、勝敗を決したのはワンプレーで、
GKの致命的なミスとなったパントキックが目立つのは間違いないですが、
試合中に何回、何十回ボールに触る中で、そのワンプレーだけが敗因とするのも不自然です。

試合全体を振り返り、個人の反省点、チームの反省点を認識して、トレーニングで理由解明??改善!
また、試合全体とは、キックオフの笛から試合終了までではなく、
その日、大会会場に着いてから解散までです。

翌日のJ観戦でもそうですが、オフの部分で、周りを見て動くとか、周りに迷惑かけないとか、団体行動の規律の面で改善の余地はまだまだあります。
強いチームには強い理由がある。
優勝するチームには優勝するだけの理由がある。

保護者の方々、応援ありがとうございました。
ご期待に沿える結果とならず、申し訳ありませんでした。
残す南河内大会は秋の1回!ここでリベンジ出来るように頑張ります!
 

Jr3年TM

 投稿者:衛藤  投稿日:2017年 4月30日(日)21時27分17秒
  4/30長小TM
VSスポーツネット4年  0-1.3-1.?-?
失ったらすぐ奪いにいく、ボールと相手をみて積極的に守備をする。
サッカーのベースであるボールへの執着心と攻守の切り替え、ボールと相手をみて守備をする。
積極的な守備が、攻撃的なプレーにつながり、いいサッカーができていました。
サッカーのベースは上の学年になっても変わりません。
ベースができてない、あるいはベースを忘れてしまったら、サッカーのレベルは上がりません。
ベースを継続し、その上にサッカーを積み上げて下さい。
対戦していただいたスポーツネットのみなさんありがとうございました。
 

U-8ノガーナNカップin48期生

 投稿者:新谷晃二  投稿日:2017年 4月30日(日)18時33分28秒
  48期生(2年生)試合結果

まず、4/23 VSnfc金剛 3試合 女学院グランド

先週コーチは、2年生になって君たちの試合を初めてみましたが、上手くなっている事よりも何か物足りない、出来ていない事が目につきました。
試合内容は積極的に挑んでいたのですが、それ以外のところ
・コーチの話を聞く態度
・試合出ていないときベンチにいるときの状態です。
はっきり言って長野FCのサッカー選手ではありません。非常に残念です。

そんな状態を直すことにこだわり、昨日の練習をみっちりやって今日の大会に挑みました。

予選Aブロック
4-0 VS 紀見北
2-0 VS アーバンペガサス
1-1 VS 藤井寺
予選1位

決勝トーナメント
セミファイナル
6-1 VS フォルサ

ファイナル
1-11 VS 和泉

最後に本当に悔しさ残る2位でした。

試合に関してはいろいろ選手一人一人に言いましたが、みんなはこの悔しい内容をどれだけ覚えているでしょうか?

考えておいてください。

それを水曜から始まるGWの試合で聞くつもりです。

コーチはこの悔しい決勝戦の後で思った事は二つ!!
・試合と試合の間の時間の使い方。
・ミーティングの聞く態度。
試合内容よりもそこが本当に悔しい。
それを直していかないとこれからも悔しい結果はいっぱい出てしまいます。それでいいですか?
コーチは絶対いやです。
この大会は君たちがいる長野FCが中心となる大会であると何度も説明しました。なのに何度もコーチや保護者の人から注意をうけましたよね。そこを変えないと試合のいいプレーも最後まで出ません、出ても続きません。
残りのGWではそこをどんどん言っていきます。忘れないでください。

だからもう一度言いますこの悔しい決勝戦を思い出して、何ができて何ができなかったかを。
君たちはまだまだ強くなるチームです、だからこそ考えておいてください。

保護者の皆様へ
いつも応援ありがとうございます。熱い応援に常に感謝です。
ただ選手たちは常に頑張って試合に挑んでいます。歯がゆい場面があるとちらほら耳にしますが、その点は担当コーチとして指導していきますので選手たちに対してはよかった点をどんどん言ってあげてください。
そのよかったところがたくさんありすぎるぐらいの試合を目指していきますので、今後ともよろしくお願いします。
 

U13オリエンテーション

 投稿者:azu  投稿日:2017年 4月23日(日)19時34分36秒
  1部のミーティングでは長野FCは誰からも応援されるチームを目指します。
その為の行動、意識、チームとしての取り組み方、当たり前の事を当たり前にする。
責任ある行動、チームとしての在り方、主張と尊重などを学び
第2部からは細川コーチに参加してもらい長野FCのサッカーについてを学びました。
夢、目標設定、原理原則、全員攻撃、全員守備、攻守の切り替え、プレー強度、映像を交えながら充実した時間を過ごしました。
そして本日からチームとして本格的な始動となりました。
オフザピッチでは全体的に差がありますが気づきのある行動をとれる選手も見えだしました。
またオンザピッチではプレススピード、プレー強度、明らかに違いが見えました。
またゴールを意識するチャレンジやゴールを守る粘り強さも変化が見えだしました。
素晴らしいことです。これを習慣化しその中で相手を上回る技術の質に拘り続けて行きましょう。充実した2日間でした。保護者の皆さまたくさんの応援、差し入れありがとうございました。これからもよろしくお願い致します。
TM20_4 長野FC11-3h橋本
TM20_4 長野FC14-0マレッサ
 

4/16TM

 投稿者:azu  投稿日:2017年 4月23日(日)19時13分22秒
  VS大阪セントラル20M_12 トータルスコア18-14
前線からのプレス、守備の関わり、攻撃の関わりを意識して取り組みましたが
まだまだ理解できていません。
全員攻撃、全員守備をもっと共有する必要があります。
ボールが遠いところにある時は頭が休んみオフで関わり続けていないのでパスコースがなかったりパスに対して不味い体の向きで奪われ何が不味いか理解していません。
自分で気づくまでまだまだ時間がかかるかな?
 

3年交流試合

 投稿者:松井  投稿日:2017年 4月23日(日)18時11分42秒
  VSエルマーノ(4年) 0-4,0-3,0-3,1-4

一つ上の学年に胸を借り、全力でぶつかりました!

必然増える守備の場面、「ゴールを守りながらボールを奪う」を前提に、
インターセプトを狙う、トラップした瞬間を狙う、ドリブルを止めるの優先順位をつけて、ボールを奪うことを目標にしました。
試合を重ねるごとに目に見えて増えた成功回数d( ̄  ̄)
しかし、狙っていたのに取れなかった回数も多く、それが失点数の原因。
インターセプトしにいったけどコントロールを失敗=技術のミスは反復練習で補うとして、簡単にかわされる場面については、トレーニングでの習慣付けが必要そうです。
チャンスはあるのに点が取れない、そんな中、最終戦でのゴールは気持ち良かったですね!
ドリブルでサイドを破り、対角へのパス、抜け出し、押し込みと多くの選手がゴールを目指して走っていました!
走る、ということはサッカーをするために最も大切な要素の一つ!
それを実践して一つ上から掴んだゴールは、これからのサッカーに対して一つの指標となるに値します。

反面、生活面はまだまだ隙だらけ。怒られるから速く集合する?怒られるから集合したら静かにする?怒られるから荷物に名前を書く?
時間を無駄にしないために速く集合する!
話をしっかり聞くために、集合したら静かにする!
モノを失くさないために、荷物に名前を書く!
外発的動機付けは内発的動機付けには勝てない。つまり、自分がしたいからする、それに勝る理由はないということ!

これからのトレーニングや試合で一緒に考えていきましょう(*´ω`*)

保護者の方々、応援ありがとうございました!これから、よろしくお願いします!
 

U12五条チャンピオン

 投稿者:シバタ  投稿日:2017年 4月20日(木)20時02分34秒
  1日目予選リーグ
VS  奈良YFテソロ  1ー5
VS  一宮  0ー3
VS  中島セレソン  4ー0
VS  大阪セントラル  0ー4
2日目4位リーグ
VS  ルシール  3ー0
VS  奈良YMCA  1ー3
VS  ゼッセル熊取  0ー1
VS  ジョイナス  2ー1

全国区の大会に今年も参加させていただきました。
新たなシステムで挑みました。
局面でのプレーではみんな比較的頑張れていました。
内容は選択肢を多く持つことが出来ていない。まだまだ奪ってからの1本の成功率は低い。味方は見えたけど…。それ以上の情報を持つことが出来ていなかった。成功率を上げるためには情報収集と連動性が肝心ですね。
すばやい行動、返事、2日通して良くなりつつあります。
コーチとして色々なことを勉強させてもらった2日間でした。
勝つために来週も頑張りましょう。
大会関係者の皆様、2日間ありがとうございました。
保護者の皆様、応援ありがとうございました。
 

4/16 Jr1.2年生女学院TM

 投稿者:ぢゅんぢ  投稿日:2017年 4月17日(月)10時23分49秒
  Jr1
 vs FFCセレゾン 12分ハーフ3試合
日焼けするような天気の中、2年生も混じった相手に3試合懸命に走り回りよく頑張りました。
少しづつサッカーと自分の関係を理解して行きましょう。

保護者の皆様、多くの応援有難うございました。
長野FCらしく、自立・自律した選手を目指す基礎の基礎作りの1年になります。
自分の事は自分でする、選手に自覚と責任ある行動を促していきますので、ご理解・ご協力よろしくお願いいたします。


Jr2
 vs FORZA 15分ハーフ4試合 1勝1敗2分け
しっかり走る事、広いスペースを使う事、攻撃の優先順位をテーマに4試合行いました。
1試合目は、テーマを理解し良い形から得点も生まれ勝利出来ましたが、2試合目以降は、攻め込むも得点につながらない展開になり、みんなが前がかりになった後ろのスペースを使われカウンターで失点するパターンが増えました。どうすれば防ぐことが出来たのか?は、解散前に伝えましたが戦術的なことよりも、運動量の減少が一番の要因でした。
相手を上回る運動量をベースに、考えて・判断して(戦術的に)、テクニカル(技術的)に戦う集団を目指しましょう!

保護者の皆様、多くの応援有難うございました。

 

4年生 交流試合

 投稿者:園田  投稿日:2017年 4月16日(日)22時05分22秒
  ー加賀田SC
ーFFCセレゾン

無謀なギアアップで勝手にボールロストが減り、周りを意識してプレーできるようになってきました。
まだまだピントが合わないことが多い中、テーマに対して粘り強くチャレンジしていた選手は成果を得られました。
逆に頭の中が整理できていなかったり、プレッシャーの中でボールを扱えていない選手に警鐘が鳴り響いています。
成功を手繰り寄せられていない理由を自覚して練習に臨みましょう。

保護者のみなさん、本日もたくさんの応援ありがとうございました。
 

Jr3年TM

 投稿者:衛藤  投稿日:2017年 4月16日(日)21時12分27秒
  4/16  VS和泉FC 15H×4
4-0、4-1、1-1、3-3
判断のあるプレー、きれいな得点、球際の頑張りなどいいプレーがたくさんありました。
体力的にキツくなった3試合からは、待ちのプレーが多くなり残念でしたが、春にしては気温が高いなか、12人で4試合頑張りました。
上手くいかない時にこそ、自分を奮い立て相手を上回る気持ちで運動量とスキルを発揮することが求められます。
下を向かず、前を向いて頑張りましょう。
対戦いただいた和泉FCさん、ありがとうございました。

 

U13 TM新学年1発目

 投稿者:azu  投稿日:2017年 4月15日(土)21時10分22秒
  20m_芝5クレー8 トータルスコア
長野FC27-9エベイユ神戸
プレー強度、局面を負けない、攻守の切り替え、プレーの連続性、攻撃の優先順位、
サイドバック攻撃参加をテーマとしました。
前試合からの継続したテーマ&感じた課題&取り組んでいるTR
試合後のミィーテイングで抽出した課題を改善できたゲームが何度かありました。
保持しているのに得点と比例していない。→ゴール、背後の意識
保持しているのにカウンターを受けピンチになった。→攻撃から守備への切り替え、シュートで終わる意識
ボールを奪えない→プレーの連続性&連動した守備
チームで共有し次のゲームで改善出来たことは素晴らしいことです。
クレーコートに移動してからは前からのプレスで相手陣地でゲームする時間が長くなりましたが
奪うことにパワーを使ってプレーの質を落としてはいけません。守備から攻撃の切り替えを早く関わり続け質に拘ったゲームをしましょう。
本日、無駄な試合が一つありましたが与えられた時間を大切にしましょう。
サッカーが好きで上手くなりたいはずなのに自ら捨てた1ゲーム。意思の無いゲームに意味はありません。ボールがでたから走る、相手が来たから奪いにく。。。
思考が止まっていてはサッカーになりません。馴合いの中で成長はない。当たり前ですがそのゲームスコアにも現れています。目の前に全力を尽くせない選手にチャンスを与えるつもりはありません。出場するからには100%以上を求めます。
 

5年南河内大会予選

 投稿者:松井  投稿日:2017年 4月 9日(日)19時58分2秒
  VS富田林フリーダム 4-1
VS加賀田2nd 4-0
予選通過

オンとオフ、課題を問うなら特にはオフ。
怒られないからしてもいい、怒られるからしてはいけない、というように基準を外に置くのではなく、
勝ちたいからやる、勝ちたいからしてはいけない、内側に基準を持ちたい。
それが自分たちで決めた勝つための行動。
人に言われたわけではなく、自分たちでミーティングして決めた内容。
勝つためにする行動、それを守らないというのは、負けてもいいと言っているのと一緒。
勝ちたいから、正しい行動をとる。
勝ちたいけど、遊ぶ。
言動の不一致は失敗の素です。

怒られたら出来る、は出来ないのと一緒です。
怒られなくても、正しい行動を自分たちで取れるのが理想ではないでしょうか?

コーチには忘れられない試合が何試合かあります。
その内の一つは、何年も前の南河内大会。
決勝戦で赤嶺のスタンドで長野FC以外のチームの選手や保護者が長野FCに声援を送ってくれました。
何故、他チームが長野FCを応援してくれたのか。
応援されるチームには応援されるだけの理由があります。
オンの実力はもちろん、オフの振舞いも「良いチーム」の条件です。
見せかけの行動、怒られないための行動から、「勝つための行動」へ昇華させましょう!

決して簡単なことではありませんが、だからこそ価値がある。高ければ高い壁の方が登ったとき気持ち良いもんです!君らなら出来ると信じています。八百屋にサンマを注文したつもりはありません。君たちなら、そういうチームになれると信じています!

保護者の方々、応援ありがとうございました!
 

U13 春休み第5節第6節

 投稿者:azu  投稿日:2017年 4月 6日(木)18時19分37秒
  20m_9 トータルスコア
長野FC20-8イーリス生野
シュートの意識、優先順位、ゴール→背後
テーマを意識した攻撃がたくさんありました。
いつ?どこへ?アクションを起こすか?考えましょう。
素晴らしい環境でプレーできています。ラストパスの質、ラストタッチの質をもっと意識してプレーしましょう。
8人制20m_12 トータルスコア
長野FC8-33RIPACE
11人制25m_7
長野FC3-13RIPACE
移動中に寄せる、相手に時間を与えないをテーマとしていましたがまだまだボールホルダーの状況を観ず予測できていないので相手との距離が遠く先手を取られる1対1が大半でした。
また局面で負けすぎ、もっと粘り強く闘う必要があります。基本的な考えとして自分たちより強い相手と戦う場合は相手よりも走る、頑張る、粘るがないと勝つことは出来ません。
負けることも大切な事です。明日に繋げましょう。
 

U13 春休み4節

 投稿者:azu  投稿日:2017年 4月 3日(月)21時27分41秒
  20m_12 トータルスコア
長野FC7-5エルマーノSC
今日は初のクレーコートでの試合だったので前線からのプレスをテーマにハードワーク、プレススピード、かけ続ける、狙い続ける意味を体感できたと思います。ボールを奪うまでは非常にアグレッシブでverygood!でしたがマイボールになっても勢いで前進し幅を使えないシーンも多くありました。ただ攻撃の優先順位は良くなってきています。
本日のトレーニングでも話しましたが人工芝でプレーするからには時間を大切にワンプレーに拘りをもってプレーしましょう。当たり前の環境ではないやるからには目の色を変えて本気の取り組みを誰が見せてくれるのかな?
 

4/2 Jr1&Jr2 女学院TM

 投稿者:ぢゅんぢ  投稿日:2017年 4月 3日(月)20時32分30秒
  Jr1
vs ノガーナFC金剛 10分x4本

体験の選手も入れて15名ものデビュー戦。多くの得点や失点があり、非常に盛り上がったデビュー戦となりました。初めて体感するコートサイズにも必死に走り回り、疲れたことと思いますが徐々に慣れていきましょう。


Jr2
vs ノガーナFC金剛

相手のプレスをどう外すか、観る・観ておく、判断する、実行する、良い準備をすれば良いプレーにつながります。球際で競り負けるシーンや無駄な失点を無くすことは改善すべき課題です。


保護者の皆様、サッカー日和で多くの声援ありがとうございました。
これからもよろしくお願いいたします。 
 

Jr6年 神照遠征

 投稿者:衛藤  投稿日:2017年 4月 2日(日)20時48分38秒
  1日目TM 神照・和歌浦、平群、和光
2日目招待大会
1回戦●0-1びわ  TM神照・和歌浦、旭ヶ丘

試合の合間は、試合ででた課題のトレーニング&ランで少しでも成長するために取り組んだ2日間でした。
大会の結果は優勝チームに初戦で競り負け残念でしたが、チームとしての残念な課題もありました。
練習を試合につなげる意識ができておらず、何が課題なのか、どうすれば改善できるか、練習で改善に取り組むサイクルがいまひとつです。
もっとも残念なのは、課題と改善を話し合っている時に、平気でよそ見をしている選手がいることです。
チームの意味がわかっておらず、自分の行動にチームに対する責任感がないことです。
チームの取り組む雰囲気が上がらない原因を考えましょう。
同じ行動エラーの繰り返しは、自分だけでなく、チームのマイナスになっています。そのことに気づいてますか?
良いチームになる為には、メンバーの一人一人しだいです。
明るいけれど、幼いチームです。
自分の成長がチームの成長につながります。全員がチームの成長に向かって取り組める集団になることを期待しています。
 

新5年ポルベニルカップ

 投稿者:松井  投稿日:2017年 4月 2日(日)17時36分46秒
  予選1位
VS上牧まきのは 3-0
VSポルベニル 2-0
VS大阪市2001 2-2 PK負け
大会準優勝

テーマ設定、「勝つための行動」の制定と実行で、自立の準備を整えつつ、良い行動をサッカーに繋げる!
今日も行動面で進歩は見れた。だけど隙がなかったわけではない。
一瞬の隙を突かれてラストプレーで追いつかれた決勝戦、その隙は行動面での隙とリンクしているのかもしれない。
怒られて気付くのではなく、自分たちで気付く(築く)。
新チームの取り組み第一歩は、悔しい終わり方でしたが、得るものがあれば、価値ある負けになる!
今日の負けをただの負けにしないために、ここからの行動の見直しが必要!

保護者の方々、応援ありがとうございました!
 

U13 春休み2節3節

 投稿者:azu  投稿日:2017年 4月 2日(日)10時16分11秒
  25m_9 トータルスコア
長野FC14-20八尾大正
攻撃の優先順位をテーマとして試合しました。
ボールを持っている選手はゴール→背後→ゴールに近い選手とある程度、理解は出来ていますが
はじめからプレーを決めつけている場面も沢山ありました。
またボールホルダーの状況を考えずにポジションを取っています。
プレスがかかっていなければ?プレスがかかっていれば?
観て判断する事を習慣化しましょう。
20m_10 トータルスコア
長野FC12-5川上FC
前日の試合で守備に関わり続けない選手が多かったのでテーマは守備としました。
優先順位インターセプト→コントロール際を狙う→ターンさせない。
外された後のプレスバックでミスを誘発させる。同一視から狙えるポジションを取り続ける。
狙いのあるインターセプトやプレスバックから次のプレーでボールを奪いきれるシーンもありました。
very good!ですが関わり続けることが大切です。
アウトオブプレーになり体は休めても頭は休めない。脳は汗をかき続けなければいけません。
攻守に渡り関わり続け予測し隙を見せない。
考えることにより脳がフル回転しパンクしそうな状態ですが
新しいことへガンガンチャレンジしましょう!チャレンジ&エラーは当たり前!
そのエラーが成長へ繋がります!
 

新1年生デビュー戦

 投稿者:azu  投稿日:2017年 3月30日(木)09時52分59秒
  トータルスコア
長野FC 15-7和泉FC
長野FC 2-3ノガーナFC h 橋本
天気にも恵まれ素晴らしい環境でサッカーを楽しみました。
初めての11人制、仲間、広すぎるピッチ?
原理原則、ゴールを奪うための会話、ゴールを守るための会話。
後は自分の特徴を出す?
新しい発見がたくさんありました。
ボールを奪う、奪い返す、当たり前の事を当たり前に出来るよう体だけではなく頭も汗をかきましょう。
 

鷲峰招待

 投稿者:シバタ  投稿日:2017年 3月22日(水)19時42分47秒
  VS 萩丘  2ー2
VS 高槻Q  2ー1
VS 鷲峰  2ー0
3位リーグ 優勝

みんなでのミーティングから始まりました。
前日に出来なかった事、出来た事、選手たちは自ら分析して今日の課題を決めてチャレンジしました。やろうとしたが1試合目はやれなかった部分も、みんなが気付いていました。少しずつですが、失点も少なくなってきたのは意識しているからかな。しかし、まだ個での守備が弱い。
次回の課題として練習していこう。そして、本当の優勝が出来るように頑張りましょう。

保護者の皆様、遠方まで応援ありがとうございました。
 

6年西淡卒団遠征

 投稿者:松井  投稿日:2017年 3月19日(日)21時56分16秒
  淡路島に卒団遠征!

試合は出来るだけ好きなポジションで、しっかり楽しんで、やることはやったうえで、やりたいことをやる!縛られず、自由に楽しみました(*´ω`*)

オフも様々なイベントを共有して、笑いっぱなし♪(´ε` )最後の遠征は笑顔で始まり、笑顔で終わり、超リフレッシュ!

こんなに楽しかった時間も、明日で終わり。。。新しいステージへの門出に相応しいのは、最高の笑顔です。チャレンジカップ最終戦、6年間最後の試合は6年間最高の試合を、という話をしましたが、6年間最後の日は6年間最高の日にしなければ!笑顔でバイバイしましょう(^^)/~~~

保護者の方々、遠征へのご協力ありがとうございました!明日は絶対に負けられない闘いです!親も子も、笑顔で終わりましょう!
 

U10ノガーナNカップ

 投稿者:衛藤  投稿日:2017年 3月19日(日)21時11分5秒
編集済
  予選リーグ
◯1-0和泉、◯1-0ガンバ大阪
決勝 ●1-2河南

ハイレベルな相手にごまかしがきかない中で、自分達の課題が明確にでました。
自分の課題に向き合っていない選手は、成長しない自分にいいかげんに気づきましょう。
決勝は、南河内のライバルに今日のメンバーでは力負けでした。
変わろうとしない選手は、どんどん厳しくなるばかりです。
まわりは成長していきます。成長しない自分から変わりましょう。

 

Jr5年宇治田原少年サッカー大会1日目

 投稿者:衛藤  投稿日:2017年 3月18日(土)21時22分36秒
  予選リーグ
●0-1那加、●0-1紫光、◯2-1城陽
1勝2敗で3位リーグへ。
パス&ゴー、球際を強く、あきらめない等、自分達でテーマを決めて臨みました。
テーマは、よく意識され、みんな闘えてました。
攻撃の部分で、意図のないヨコパスやバックパスからボールを失いピンチとなるシーンが何回もありました。
ゴールへ向かう攻撃の意識が低いのが課題です。
廣里コーチからも攻撃の部分で、シュート意識の低さ、シュートイメージを持つ必要性についてアドバイスをもらいました。
1試合1試合、成長できるようチーム全員が考えてプレーをしよう。
明日も、今日の粘り強いプレーに、攻撃の積極性を改善して、成長できるよう、みんなで走りきろう!
 

U14TM

 投稿者:細川  投稿日:2017年 3月11日(土)23時05分27秒
  長野2nd 4-1 サルパ2nd
長野1st 0-2 サルパ1st

明日のアドバンスリーグに向け調整マッチ。
2ndチームは良い動きも多々あり、ゴールシーンはどれも落ち着いて決めました。レギュラー争いも激しく今後が楽しみになってきました。
1stチームは、正直厳しい内容。明日のリーグ戦にどう切り替えて選手が動き出すか?
一人でも勘違いした選手がいたら、このままズルズル嫌な方向へ進んで行く。しかし、危機感を感じ、団結して選手達が自立し、戦う根本的な部分を修正できたらまた変わってくると思う。
明日を楽しみにしています。
 

JY1 TM

 投稿者:つかさ  投稿日:2017年 3月 8日(水)12時30分49秒
  3/4 枚方FC
3/5 奈良YMCA

枚方FCとのTMでは、立ち上がり相手チームの迫力に圧倒され判断無しのプレーが多かった。
慣れてくると、相手を観て判断があるプレーに変わってきました。
判断の有るプレーが増えてくると自然とチャンスも増えていました。
しかし、決めきることが出来てなかった。
守備の場面では、ボールを奪いにいく選手が増え、攻守の切り替えもはやかったです。

奈良YMCAとのTMでは、個々の力に圧倒されていました。
失点のシーンを簡潔に言えば、ボールウォッチャーでした。
個々の局面で負け、ボールウォッチャーになれば、失点に繋がります。
まずは、個々の局面で負けない。
粘り強く対応することで、ボールを奪える回数も増え、失点も減った。
次に、いいポジショニングを意識する。
そのためには、常に頭を働かせておかないといけない!!!

攻撃では、相手を観ずに自分たちのやりたいことをやって
ボールを失っていました。
相手を観て判断しましょう!!!
 

6年チャレンジカップ

 投稿者:松井  投稿日:2017年 3月 5日(日)19時14分36秒
  VS三日市SC 4-0
VS加賀田SC 6-0
VS小山田 7-1
VS楠 5-0
決勝リーグ
VS LSA 1-0
VS三日市FC 2-0
VS楠 1-0
VS加賀田セレソン 3-1

全勝優勝!

内容がどうとか、プレーの質が良かった悪かったを言うのは無粋かと思うくらい、
各自の頑張りが見えた大会でした!

予選は全試合全員出場で掴んだ一位通過!
ケガに苦しみ、あまり試合に出れていなかった選手のハットトリックなど、
スコア以上に楽しめた1日目でした!

そして、2日目の今日、タフな試合が増えましたが、
終わってみれば、全試合で得点、失点は昨日も合わせた8試合で2失点のみと、
数字にも頑張りが反映されてますね!

最後の加賀田戦は、リーグ戦にもかかわらず勝った方が優勝の実質の決勝戦。
最後の試合を、芝生のグランドで、市内最大のライバルと、優勝を賭けて戦える。
何て幸せなことなんでしょうか。
立ち上がり、あまりボールを触れていないままに、早々に失点してしまいました。
それでも、しっかりと顔を上げ、逆転を信じて闘い、完全にペースを掴みました。
エースの突破から同点、対角に走るロングスルーパスから逆転と、前半の内に逆転に成功!
そして後半も緊張感ある試合が続く中、サイドチェンジからトドメのソータリング炸裂!笑
思い返せば、一年前は試合に出れていない選手でした。
その中で、気がつけばスタメンとして試合に出続け、この1年間で1番成長した選手とも思える選手のゴールで締めくくれたのは、努力を見てきたサッカーの神様の粋な計らいと考えるのは、ロマンが過ぎるでしょうか?

試合の合間の過ごし方、優勝後のパフォーマンス、まさしく全笑優笑、完笑です!

こんなに楽しい時間も、いよいよ終わりが近づいてきました。
どんなに惜しんでも砂時計の砂は落ちるのを止めてはくれません。
ならば!残された時間を存分に、余すことなく、納得いくまで思う存分に、楽しもうじゃありませんか!
来週は最後の定期練習、再来週には卒団遠征&卒団式、その次の週に茶話会をして、このチームでの活動は終了します。
まだまだ楽しむ時間はありますよ!みんならしく、最後は笑顔でバイバイしましょう!

保護者の方々、応援ありがとうございました!
おかげさまで有終の美を飾ることができました!
残り時間はあと僅か。最後まで笑顔で見守ってください。
親子サッカーに向けたコンディション調整もよろしくお願いします!笑
 

Jr4年 高石少年サッカーフェスティバル

 投稿者:衛藤  投稿日:2017年 3月 2日(木)23時09分51秒
  予選 ◯2-0深井、◯2-0東百舌鳥、◯5-0柏原
決勝T 1R◯0(6PK5)0兵庫FC、準決勝●1-2宇山、3決◯5-2八尾大正

チビリンからのリスタートでモチベーション高めて取り組むことを確認して臨みましたが、やはり弱い面が見えました。
自分達より能力が高いチームに対して上回わりにいくメンタルが足りていません。
プレッシャーに余裕がない技術や判断、無理な仕掛けで簡単にボールロス、プレー強度をささえるフィジカル不足、、、
また、失点はカウンターで中央をわられる内容の悪さでした。
自分達のリズムでボールを保持している時にはハーフコートでサッカーできているのに、落差が大きく残念でした。
技術、判断、フィジカルの向上に、これまで以上に真剣に取り組みましょう。

素晴らしい大会にご招待いただいた主催の方々ありがとうございました。
 

JY1 TM

 投稿者:つかさ  投稿日:2017年 3月 2日(木)15時32分6秒
  2月25日 奈良クラブ 25分×4
0-1 2-2 2-1 2-0

2月26日 京都ヴェルベント2試合・高槻ジーグ2試合
1-3 0-2・1-4 1-1

守備の局面で簡単に負けることが多い。
身体をなげだしてでもボールを奪う気持ちで闘おう。
粘り強く対応し、身体をぶつけて奪う。
徹底して取り組もう!!!!

無責任なプレーが多い。準備が出来てない味方にパスを出しても結局は奪われる。
それなら、人に任せるのではなくて自分で処理をした方がいい。
もっといえば、自分がいい準備をしていれば無責任のプレーはなくなる!!!

いろんなサッカーの試合を観て勉強しよう!!!
 

5年金剛カップ

 投稿者:シバタ  投稿日:2017年 3月 2日(木)07時36分1秒
  VS エマジック  3ー1
VS 池尻  0ー1
VS レッドスター  2ー1

立ち上がりが3試合とも良くない。先手を打つことが出来ず後手を踏むことが多い。失点してから、頑張ろうではいけませんね。守備のテーマとしましたが、結果的にみてもよくない。粘り強く出来ていない。ボールを奪うために足を出しすぎていました。足を出しすぎて、抜かれていてはゴールを守れるでしょうか?抜かれないように粘り強く戦いましょう。
今回のMVPの選考基準はそのあたりでもありました。
1試合通して、無失点となるように練習していきましょう。
 

U14TM

 投稿者:細川  投稿日:2017年 3月 1日(水)12時54分39秒
  2月25日(土)下里人工芝
VSフレスカ神戸 1-2 40分ハーフ 0-5 30分3本

2月26日(日)長野高校
VS宇治FC 2-1 30分ハーフ 0-4 30分4本

立ち上がりはいつも良い。1試合通してゲームをコントロールできないのは、攻守において、技術、体力、戦術理解、メンタル、全てにおいてまだまだ足りないという事。
全員が高いモチベーションで挑んでくれていますが、高い目標設定に対してのチャレンジをもう一歩踏み出してほしい。
3月はリーグ戦が沢山入っています。毎試合【感謝、継続、団結】で突き進んでいきましょう!

保護者の皆さま応援ありがとうございます。これからもよろしくお願いいたします。
 

5年練習試合

 投稿者:シバタ  投稿日:2017年 2月20日(月)19時18分37秒
  VSリップエース、マドリディズモ

全体的に守備が弱かった。
足を出しすぎて奪いきれていない、相手ボールの時のプレッシャーの遅さ、ある程度プレッシャーはかけるが相手から離れてしまい、奪いきれていない、声の少なさ等。
守備が弱くてはいくら得点しても勝てませんね。攻撃のために守備が必要。積極的な守備をして攻撃に繋げよう。
次の土曜日の練習から?明日からの自主練から?
 

2/18 Jr2 下里人工芝TM

 投稿者:ぢゅんぢ  投稿日:2017年 2月20日(月)10時29分10秒
  vs 長野3年生
vs RIPACE3年生
vs マドリディスモ3年生

相手はすべて3年生。
だけど、通用する部分はあったはず。でも、足らない部分が多すぎた。
走る・戦う・コミュニケーション、観る・観ておく、準備、予測、判断、切り替え、キックの質・・・・etc

劇的に上手くなる魔法なんてない、意識高く、日々取り組めているか、自立したサッカー選手になるべく”考えて動く事”はできているか、
生活面のだらしなさはサッカーに現れます。改善すべきは、まずそこです。
忘れ物も多く、カバンの整理整頓、チーム備品を進んで片付けできない様子では、甘えすぎです。

毎日、ボールを触っていますか?
学校や習い事、友達と遊ぶ事、家の手伝いなど日々の中で、工夫して15分でも20分でも時間を作ってボールに触ってますか?
触っていない言い訳が先に出てくるようなら、そもそも本気度が違う。
それが、リフティングの回数に結果として出ていませんか?
本気なら、リフティングに限らず、ボールタッチなど出来る事から、自分で”考動”を起こしてみよう!!!!!
世界のサッカー観ることも忘れんなよ!!



 

U-9 交流試合

 投稿者:園田  投稿日:2017年 2月20日(月)00時55分26秒
  ー池尻

引き続き、観る→考える→プレーすることの徹底。
観るための準備、考えてプレーを決定する判断要素、実現させる技術。どれもまだまだですが芽生えはありました。
集中し続ける頭のスタミナと闘う意志を保つタフさを鍛えるために普段の生活から意識して下さい。

保護者のみなさん本日もたくさんの応援ありがとうございます。
 

6年交流試合

 投稿者:松井  投稿日:2017年 2月18日(土)21時07分41秒
  VS羽曳野SS 3-0,0-0,0-3

最後の交流試合。
受験組も全員戻り、JYに上がっていた選手もテスト休みのため合流、現所属選手が全員、約一年ぶりに揃いました(^ ^)

受け手に合わせるか、出し手に合わせるか、どちらの成功率が高かったのか?
積極的な守備と消極的な守備と、どちらの成功率が高かったのか?

それぞれ結果が答えを教えてくれました!

最後の大会、チャレンジカップに向けて、最後の交流試合が終わりました。
今まで何百もの試合を共闘してきた仲間たちとの別れの時が近づいてきました。
最後の大会、どう終わりたい?
公式戦同様、やり直しはありません。
思いは一つ、優勝です。

全員で最高のフィナーレへ(o^^o)

保護者の方々、いよいよ最後が近づいてまいりました。
選手、保護者、スタッフ全員で笑って終わりましょう!
 

U10チビリン中央大会

 投稿者:衛藤  投稿日:2017年 2月18日(土)17時21分43秒
  R16 ●1(3PK4)1八尾大正

結果は別にして、自分達の力を出し切れなかった残念の一言。
積極性、判断、闘う気持ち…、全てが残念。
なぜ、走らない?なぜ、かかわらない?なぜ、奪い返さない?
目標としていた試合で、力を出し切れないのは、最も悔しいことです。
一から再スタートです。中途半端を卒業しましょう。
この悔しさを忘れずに、次のステージでは、全力を出し切るチームになりましょう。

保護者の皆様、たくさんの応援ありがとうございました。
自分達で考え行動できるチームを目指し、頑張りましょう。
 

U11練習試合

 投稿者:シバタ  投稿日:2017年 2月16日(木)12時28分26秒
  VS FC平野、レガッテ三宝

攻め急いでいる部分が多い。もっともっと観る、そして、相手を上回る、ゾーンを理解する。試合をするのにミスを恐れて小さいプレーではいけません。練習でした事をミスを恐れず出しましょう。ミスがたくさん出れば次の練習でしたらいい。
試合では積極的なプレーの連続ですよ。そしてもっと自分の特徴を出しましょう。
 

2月11日、12日 JY1 川渕杯

 投稿者:司コーチ  投稿日:2017年 2月14日(火)10時29分47秒
  1日目
柏田SC1-3 富田林常盤1-3 岩田FC 2-1
2日目
リップエース1-2 岩田FC6-0 大阪狭山SC 0-0

今大会の自分たちが決めた目標設定には到達できなかった。

試合の結果をみたらわかるように失点が多い。
失点が多いチームは、勝ちきれるチームにはなれない。
一瞬の隙は、失点につながる。逆に相手の一瞬の隙をつけるようなチームになれば勝ちきれるチームになれる!!!

勝負強くなるためには、日頃の行動、整理整頓、挨拶などの当たり前のことを当たり前にできないといけない!!!!

今大会で出た課題は、トレーニングや練習試合で改善するしかない。
下を向いてる場合ではない。
常にチャレンジして日々進化しよう!!!
 

2/12(日)Jr2 女学院TM

 投稿者:ぢゅんぢ  投稿日:2017年 2月13日(月)13時32分26秒
  vs 伏山台

”ボールを保持する、狙いをもってボールを動かす”をテーマにポジションも意識させつつ4試合行いました。まだまだ、テーマがボケて無理やり突っかけて失ったり、ボールの置き所を判断せずに失うシーンが見られます。もっと味方、相手、スペースを観る・観ておく、良い準備から判断・実行を習慣化できるようにトレーニングから拘りましょう。
ゴール前のラストの質(ドリブル・パス・シュート・センタリング)も改善が必要です。
トレーニングから試合仕様で取り組もう!

よい縦パスや連動も見られましたね。Good!


保護者の皆様、寒い中応援有難うございました。
 

Jr4年TM

 投稿者:衛藤  投稿日:2017年 2月12日(日)17時40分51秒
  2/11 アイリス住吉、長尾ウォーズ
2/12 KONKO

いよいよ来週にせまったチビリン中央大会に向けた最後のトレーニングマッチ。
相手陣内での攻撃は、成長が見られました。あわてず良い状況からの仕掛けで、たくさんの決定機をつくることができました。
一方で、自陣では相手の早いアピローチに慌てたプレーが多く課題です。
早いアピローチを上回る、準備、判断、実行とそれを可能にする技術!
日々の練習のレベルが問われるところです。
守備面でも、球際の強さやゴール前の粘り強さ、闘う気持ちがもっと必要です。
強いチームとの試合で、来週の厳しさを感じることができ良いトレーニングマッチになりました。
対戦をしていただいたチームの皆様、ありがとうございました。

あとは、万全の体調とメンタルで来週を迎えるだけです。
長野らしく、チャレンジ精神で自分達の力を出し切りましょう!
 

U141stTM

 投稿者:細川  投稿日:2017年 2月11日(土)17時30分44秒
  2月5日(日)JG堺 35分1本30分2本
VS 高槻ジーグ 2-0 1-0 0-3
2月11日(土)洛南浄化センター 40分2本 30分2本
VS 京都ヴェルヴェント 0-0 1-2 0-0 0-0

攻撃のクオリティー、守備の連動、個の強さ、競った中でのメンタリティー。
オフザボール、関わりアイデアタイミング、攻守の優先順位、セットプレー。
課題は山積みですが、積み重ねていくためのモチベーションは素晴らしいです。このチームはきっと良くなる。そんな雰囲気を感じます。
どんどん上手くなって強くなろう。
 

ちびっ子大会U-7

 投稿者:新谷晃二  投稿日:2017年 2月 9日(木)10時06分29秒
  2月4日 下里人工芝グランド

予選リーグ 2-3 VS 楠JSC
      5-1 VS 小山田SC
      0-1 VS FORZAイエロー

順位決定戦 5-1 VS 加賀田SC

’チャレンジする’ことを確認して、挑んだ大会でしたが結果はついてきませんでした。
最近気になっていた事ですが、’チャレンジする’をみんな勘違いしていないかな?と思います。それは、’攻める’時だけしかやっていないのでは?ということです。守りやキーパーでさえ’チャレンジ’はできます。
攻めた時に取られてしまい、その後取り返そうとしていますか?
仲間が攻めている時に、まかせっきりでゆっくり歩いていませんか?
そういった場面を今回よく見かけました。

みんなのサッカーは全員で攻めて、全員で守るサッカーです。そこをもう一度考え確認する事!
試合でボールは一つです、それをどうやってチーム全員で出来るか、つまりボールを持っている人にどうサポートするかや相手から全員でどう取り返すかをよく考えて下さい。
君たちはまだまだ’チャレンジ’することがたくさんあります。そこもいろいろ考えてみましょう!!

あと、試合に対する準備や負けた試合に対する’くやしさ’をもっと感じて下さい!!
そこをものすごく考えないと、サッカーは上手くなっても試合では勝てません!!
練習から取り組み、戦う選手として1年生の残りを取り組んでいきましょう!!

保護者の皆様、いつも応援ありがとうございます。
この時期、選手の体調管理で大変かと思いますが今後ともよろしくお願いします。
 

FL2nd vs吹田南

 投稿者:廣里  投稿日:2017年 2月 5日(日)22時42分16秒
編集済
  最終節、雷で中止になり2週間空いてのゲームになりました。
勝った方が残留、負けた方が降格という絶対負けれない戦いで2週間選手達は良い雰囲気で闘う意識を持って勝つ為にトレーニングしてきました。

前半、安定した守備の中サイド攻撃からチャンスメイクするも決めきれず、更にセットプレーからも決めきれず0-0で前半終了!

後半、勝つしかない状況のなか攻撃的にいった矢先抜け出されGKと接触しPK。0-1。
更にゴール前で一瞬マークを外されヘディングシュートで0-2。
試合終了!

負けれない戦いで結果負けてしまいました。
朝からの雨でグランド状態は悪く、ビルドアップ、ポゼッションが困難な状態にも関わらずグランド状態に適応した戦い方で精一杯闘ってくれました。
しかし、グランド状態、負けれない戦いはお互い一緒でそれでも決めきれるか、勝ちきれるかが大事です。
どんなに良いゲーム内容であっても決めきれない、勝ちきれない事が今後の課題です。
技術なのかそれともメンタルなのかは個人により異なりますがそれをこれからのトレーニングにて追求していって欲しいと思います。
今回は残念な結果ではありましたがサッカー人生において通過点でしかありません。
FLが終わり新たなスタートです。まだまだ努力次第でレベルup可能です。
この悔しさをバネにさらなる飛躍を期待しております。

本日は、天候が悪い中遠くまで応援に来て下さった保護者の皆様ありがとうございました。
FL2nd、1年通して最終良い結果ではありませんでしたが選手達は確実にレベルupしております。
これからも応援の方よろしくお願いします。
 

6年古市南ウインター

 投稿者:松井  投稿日:2017年 2月 5日(日)22時09分22秒
  予選 10分ハーフ
VS旭ヶ丘 2-0
VS Sirocco 2-0
決勝T PKのみ
VSマドリディズモ 1-3

極寒、悪天候の中での試合が続いています。
タフな試合になるのは必然で、その中で難なく2勝出来たのは、いつもより高い位置でポゼッション出来たから。
陣地取りから高い位置での奪い返し、ゴール前への迫力が伴い、寒くて体が動かないなりに、良い試合が出来ました。
いよいよ、残す大会は今のところチャレンジカップのみですね。集大成、全員でどう終わりたいか、目標を共有して、悔いのない大会にしましょう!

保護者の方々、悪天候の中、応援ありがとうございました!
 

フューチャーリーグU13最終節

 投稿者:azu  投稿日:2017年 2月 4日(土)17時59分9秒
  長野FC0-1川上FC
最終節を勝利でおさめる事が出来ませんでした。
自分たちの立ち位置、モチベーション、ゲームプランがボケてしまい残念な結果となってしまいました。
最終結果 3勝4敗2分 勝ち点11 5位
芝でのゲーム、クレーでのゲーム、環境に悩まされ自分たちのやりたい
サッカーが思うように出来ないゲームがたくさんありました。
でもそれもサッカーだと感じています。この経験を活かし次年度のFLに繋げたいとおもいます。
みんなもテスト明けからは新チームとして新しい環境でスタートとなります。
自分のプレーに拘りを持って成長を続けてください。
 

ちびっ子大会U-9

 投稿者:園田  投稿日:2017年 2月 2日(木)08時21分11秒
  FC
-LSA ×
-小山田 〇
-加賀田SC 〇
-三日市 〇
4位
UTD
-加賀田セレソン 〇
-三日市 〇
-楠 ×
-LSA ×
3位

この3ヵ月で努力した選手が目立って活躍することができました。
練習は裏切らないということを体現してくれています。
これをチーム全体が気づき、継続していけばより強固なチームになっていくでしょう。
チームとしても取組のギアを上げてチーム全体に変革の印象は受けましたが結果は結果。
まだまだ足りていなかったということです。
次のチャンスに向けてしっかり自分達を磨いていきましょう。

保護者のみんなさん、2日間大勢の応援ありがとうございました。
 

U11練習試合

 投稿者:シバタ  投稿日:2017年 2月 1日(水)07時30分31秒
  VS  池尻
2ー0、0ー2、3ー0
今回はボールを失わない事を意識しました。
前へ攻め急いでしまい、ボールを失う事が多かった。難しい遠い所だけでなく、近いところも、選択肢を持つことも大事です。
ボールを失う事だけを恐れていては得点することは難しいでしょう。どのゾーンから恐れずチャレンジしたらいいのかをこの試合で掴めた感じでした。まだまだですが。

保護者の皆様、たくさんの応援ありがとうございました。
 

3年生 交流試合

 投稿者:園田  投稿日:2017年 1月24日(火)23時16分13秒
  ーFFCセレゾン  ×3試合

後ろ重心にならず前からボールを奪いに行き、効率良く攻めようと意識しました。
これは戦術的な意味合いだけでは無く、みんなのメンタル面のことも含んでいました。
リスクもありますがそれ以上にチャンスを創りやすくなります。
それを実感した選手は大いに活躍してくれました。
結果が全てとは言いませんが数字で表すことのできる結果はどんな分野でも万人にわかりやすく、モチベーションを上げてくれることもあります。
序盤は弱々しかったプレーの強度もあげることも出来ました。
さて、来週はちびっ子大会です。
前回は実力うんぬんよりも途中で音を立てて砕けてしまった無残なチームでしたが今回はひと味もふた味も違うという事を見せつけてやりましょう。
 

FL第8節

 投稿者:azu  投稿日:2017年 1月24日(火)14時31分37秒
  長野FC1st0-1高槻ジーグ
前半は主導権を握りながらもバイタルエリアを突破することが出来ませんでした。
後半はボールを握りだされ一進一退の攻防。
全員が集中して緊張感のあるゲームでしたがロスタイム、非常にもったいない失点でした。
笛が鳴るまで続ける!自分たちで判断しない。
今までもあったワンシーン。
オフサイドにしろコーナーにしろ自分たちで動きを止めてしまった代償は非常に大きな物でした。
2度と同じ過ちをしない為にも忘れてはいけない試合です。
切り替えて1年間の集大成を最終節で魅せましょう!
 

1/22 Jr1年生女学院TM

 投稿者:azu  投稿日:2017年 1月24日(火)14時04分51秒
  vs FFCセレゾン
土曜日からのトレーニングに続き、フェイント・広い方から攻める・リスタート
をテーマに取り組みました。
沢山のゴールを観ることが出来ましたがなかなかフェイントを使うことが出来ていませんでした。
広い方から攻める、リスタートの意識はある程度みんな共有できていて良かったです。
もっと顔をあげて観る(スペース・相手との距離)ボールを扱う、普段のトレーニングから取り組みましょう。サッカーは一人でできるスポーツではありません。仲間がいて、相手がいてできるスポーツです。対戦相手もサッカーの仲間です。人に優しいサッカープレイヤーを目指しましょう。
 

1/22 Jr2年生女学院TM

 投稿者:ぢゅんぢ  投稿日:2017年 1月23日(月)12時57分50秒
  vs FFCセレゾン


”ボールを保持する、ボールを動かす”をテーマに3試合行いました。
最近取り組み始めたパス&コントロールを意識して、体の向き・視野の確保にもフォーカスしました。
多くの得点シーンが見られ、狙いのあるプレーにアイデアを共有しての得点も増えつつあります。
相手のプレー強度が上がった際に同じようにできるか、やろうとするかが大切です。
考え、意識してプレーにチャレンジしている選手とそうでない選手に差が出つつあります。
仮に同じミスでも大きな違いです。
前者はミスから改善を求め、後者は同じミスを繰り返す。

しっかり目標持って前進しよう!!

保護者の皆様、寒い中応援有難うございました。




 

U14TM

 投稿者:細川  投稿日:2017年 1月23日(月)11時39分37秒
  1月8日(日)下里人工芝G
VS RIPACE2nd 25分6本 トータル勝利

1月9日(祝)下里人工芝G
VS RIPACE1st 35分5本 トータル大敗

1月15日(日)
2nd赤峰市民広場
VS 川上FC2nd 35分4本 勝利
1st長野高校
VS 西宮SS 35分3本 0-0 1-1 3-0

1月21日(土)
2nd和歌山上富田人工芝G天然芝G
VS 高雄中学 0-0 VS周参見中学 6-0 VS上富田中学 1-1
1st下里人工芝G
VS アイリス住吉 1-0 1-2 0-1 35分3本

1月22日(日)
2nd和歌山上富田天然芝G
VS湯浅中学 3-0 VS衣笠中学4-0 VS上富田中学7-0
1st JGREEN堺S6
VS 千里丘FC 0-0 1-2 1-1 1-0 30分2本20分2本

アドバンスリーグ開幕まで2週間。沢山のTMやTRの中で日々進化中です。
個々が成長を続けチームが一つにまとまり全18節アグレッシブにチャレンジしましょう!
試合に対する顔つきも変化してきて、日頃の練習の風景も少しづつですが逞しく取り組めるようになってきました。
シーズンに入れば、【本気】の日常がみんなを強くし、表情を見れば充実しているのが伝わり、サッカーが上手くなり楽しくなる時期に入ります。しかし、ひとつ歯車が狂うとチーム全員すべてが上手くいかない時ももちろんあります。【感謝、継続、団結】自分たちが決めたテーマを忘れずに一つひとつ突き進んでいけば必ず目標達成できるでしょう。みんなに期待しています!

保護者の皆さま応援サポートありがとうございます。これから選手たちと半年間に渡るリーグ戦をトライ&エラーを繰り返し成長していきたいと考えております。変わらぬ応援サポートよろしくお願いいたします。


 
 

U11新人戦

 投稿者:シバタ  投稿日:2017年 1月23日(月)09時49分35秒
  VS 千早サニーズ  1-1
1 試合抜けておりました。
 

U11新人戦

 投稿者:シバタ  投稿日:2017年 1月23日(月)09時48分7秒
  VS  楠  4-0
VS  FORZA  6-1
VS  加賀田SC  4ー1
VS  LSA  7ー0
VS  加賀田セレソン  7ー0
VS  小山田  0ー4
VS  三日市  2ー1

2日間で8試合人工芝でさせていただきました。
今回は試合はもちろん、試合以外でも気付くと言うことをテーマとしました。自分が何をしたらいいかを気付く。なかなか自分が何をしたらいいかをわかっていない選手がほとんどでした。指示を待つ、自ら行動できない、では試合でも同じような事がおきます。試合に勝ちたい、点を入れたい、等目標があるはずです。お父さんに、お母さんに言われたからただ単に来ているわけはないと思います。試合に勝つために、自分が何をしたらいいか?、点を入れたいのであれば自分が何をしたらいいかを気付くことが大事です。
気付くことが出来ればさらにレベルアップ出来るでしょう。2日間とうしてだけではまだまだですが、MVPの選手は自分なりにチームの事を盛り上げるべく頑張れていました。
しかし、ボーッとしている選手がいるのも事実。自分がチームの為に何が出来るかを気付けるように次から頑張りましょう。
そして、チームの中心となれるように頑張りましょう。嫌なことも率先して。表面上だけの仲良しではなく、ぶつかり合える真のチームになろう。

保護者の皆様
2日間寒い中、応援ありがとうございました。

 

U10TM(1/22)

 投稿者:衛藤  投稿日:2017年 1月22日(日)21時22分19秒
  ffcセレゾン
チビリン方式で4試合。
最近の縦に急いだサッカーの修正をテーマに有意義なTMでした。
試合で練習する意味がもう一つ理解できていない選手がいます。
同じエラーが起こるのは、練習の取り組みがあいまいで、自分の課題に打ち勝つ練習ができていないからです。
中央までの1カ月間のイメージを持って取り組んでいきましょう。

大会で活躍するには、コンディショニングが最も大切です。

 

6年リバースカップ

 投稿者:松井  投稿日:2017年 1月22日(日)18時08分27秒
  VS富田林中央 1-1
VS富田林常盤 4-0
VS古市南 1-0
決勝
VS羽曳野 0-1

準優勝

超極寒、雹すら降る凄い環境のなかで4試合を少人数で闘い、タフな1日でした!

結果は準優勝。
内容を見れば、勝った試合でも良いパフォーマンスを見せれてたわけではありませんでした。
後ろで動かして、前が引き出す。
前者を立たせれば後者が立たず、
後者を立たせれば前者が立たず、
なかなか攻守一体となりませんでした。

守備を攻撃に繋がるには?
コンパクトな陣形、正しいポジションからの前向きインターセプトと押し上げ

攻撃から守備の切り替えを良くするには?
ファーストディフェンスの決定の速さ、攻撃時のポジション、予測

昨日から練習復帰し、今日試合に久々に出た選手がいます。
来週復帰予定の選手が2人います。
卒団まで残り少ない中、いよいよ全員帰ってきます。
全員で残りの期間を楽しみ、楽しい卒団式を目指しましょう!

保護者の方々、極寒の中、サポートありがとうございました!
 

FL2nd 第7節 vsLazo

 投稿者:廣里  投稿日:2017年 1月21日(土)21時56分51秒
編集済
  今日、明日と2ndにとって崖っぷちの絶対負けれない2連戦。
1戦目vsLazo  0-0 ドロー。

開始早々、サイド攻撃からチャンスメイクするも決めきれず、セットプレーからチャンスを迎えるものの得点できずで刻々と時間が進む中、GK、DFはピンチらしいものはほとんど無く1試合通して集中していたし安心して観れました。
ただ、点が奪えない、勝たないといけないゲームの中で何処かでリスクをおかし得点を奪いにいく勇気が欲しかったです!
そこの部分に物足りなさを感じました。

1試合通して前からの守備、攻撃に幅を持たせ、全員がハードワークしゴールを目指す。
明日は、勝しかないんです!リスク上等!1失点したら2点取ればいい。
闘うしかないんです!
明日、最高の形で終わりましょう!
チーム一丸となって!





 

河内長野招待U-13

 投稿者:つかさ  投稿日:2017年 1月19日(木)13時41分31秒
  1日目
VSソレステレージャ奈良 1-1 PK負け
VS高槻FC 0-1
2日目
VSレオSC 1-4
VS川上FC 1-1 PK勝ち

オフザピッチで考えて行動するということができていなかった。
ひとりひとりがもっと考えてこうどうできるようになろう!!!
さらに、チームの為に行動することを意識しよう。

試合では、粘り強い、ゴール前で身体を張る守備ができていなかった。
簡単に失点していると、勝ちきれる強いチームになれません。
勝ちたければ失点をしないように全員が身体を張れるようになろう!!!!

攻守共にそれぞれの局面で簡単に負けているようでは、ピンチが増え、チャンスが少なくなります。局面で負けない。
そのために、準備や駆け引き、予測といったオフザボールのときに、頭を使える選手になろう!
もちろん、技術やフィジカルも必要ですが、足りないところは頭でカバーしよう。

保護者の皆様、寒い中応援ありがとうございました。
今年もよろしくお願いします。
 

U11関西小学生大会南河内予選

 投稿者:シバタ  投稿日:2017年 1月17日(火)07時48分38秒
  VS  羽曳野   1ー4

目標に掲げていた大会でしたが残念ながら達成する事が出来ませんでした。

Jgreenで超強風の中での試合でした。前半は風上で押し込む時間帯が多かった。その中で先制点を取ることが出来た。
しかし、前半は1点のみ。もっと取らないといけない内容でもあった。シュートを打つ前の部分が悪くシュートは攻めているわりには少ない。
後半は、風下にも関わらず攻める事が出来た。
しかし、観る部分がまだまだの為、オフサイドのオンパレード、サイドの縦への突破が出来ていません。この部分が一番残念でした。奪ってからの攻撃のイメージが悪い。何を見て何がチャンスかを気付かないとうまく攻撃できません。
これからの課題です。

みんなはこの大会に向け頑張ってきました。しかし、頑張るだけでは勝ちきれません。相手も勝ちたいので頑張っています。今までの取り組み以上をこれからしていかないと勝ち進む個とは出来ません。やるかやらないかは自分次第。まずは自分で気付くことです。

保護者の皆様、たくさんの応援ありがとうございました。
結果が出なく申し訳ございません。これからもよろしくお願いします。

 

U10ニューイヤー葛城カップ

 投稿者:衛藤  投稿日:2017年 1月16日(月)06時22分52秒
  予選リーグ
○フルジエンテ桜井、○新庄葛城
1位トーナメント
○1-0ディアブロッサ高田
●1(2-3)1YF奈良テソロ     準優勝

ネクストステップに向けて、これまで取り組んできたことを確認すべく、この大会に臨みましたが、まだまだ不足していることを感じれたと思います。
決勝戦は、途中から雪が強くなる厳しいコンディションの中、先制したものの徐々にDFラインが下がってしまい、終了間際に追いつかれ、PK戦での惜敗でした。
しかしながら、相手の方が一枚上手でした。動きの中でのコントロールやボールキープの体の使い方、キックの質などがワンランク上でした。
また、荷物の整頓やグラウンド内外での自主性にも、チームとしての差を感じました。
久しぶりに、多くを感じることができたと思います。これからの取り組みに活かしていきましょう。

保護者の皆様、大変な天候のなか応援ありがとうございました。
 

旭ヶ丘招待練習試合

 投稿者:シバタ  投稿日:2017年 1月11日(水)19時17分36秒
  VS  藤井寺、大阪リスペクト、アーバンペガサス、旭ヶ丘

年末から休み、怪我などでベストでない状態が続いています。今回はスタートからオフザピッチの部分で自分達で気付くことが出来ず残念でした。気付いてからの行動はまずまず。次回自ら気付くことに期待します。
試合の方では攻守切り替えが遅い。自分達の隙を出さず、相手に隙を見逃さず。
14日は13人全員で勝つために、この1週間準備をしよう。
保護者の皆様、14日はたくさんの応援よろしくお願いします。
 

Jr2年生 1/9 女学院TM

 投稿者:ぢゅんぢ  投稿日:2017年 1月11日(水)12時08分8秒
  vs 茨木プライマリー

新年1発目の試合はぬかるみグランドの中、終始相手のプレッシャーにさらされながらの内容でした。
”ボールを奪ってゴールを目指す”のですが、相手の密集に突っかけるシーンが多々見られました。
ファーストタッチで相手を外すイメージを大切に、外す手段を判断する。
”走る、戦う、コミュニケーション”を習慣化し、”観る、観ておく、感じる”事をベースに追加する。
トレーニングで習得を目指しましょう。

保護者の皆様、応援有難うございました。今年もよろしくお願いいたします。
 

レンタル掲示板
/37